学生生活
Campus Life

入学料・授業料免除制度

学費免除制度関係の新着情報

このページの目次

I 入学料・授業料免除制度について

 千葉大学正規学生は、入学料及び授業料免除の申請をすると、選考の上その費用の全額若しくは半額が免除になる制度又は納入を猶予される制度を利用できます。
この制度には、入学料免除・入学料納入猶予・授業料免除・授業料納入猶予・授業料月割分納等の制度があります。
申請を希望される方は、下記申請資格を確認の上申請してください。申請書類に基づいて選考され免除者等が決定します。

≪注意≫上記の制度は、国立大学法人千葉大学の予算により入学料・授業料の免除を許可できる枠が決定されますので、資格要件を満たした者全員が許可されるものではありません。

1-1.入学料免除

【申請資格】

ア. 入学前1年以内に、学資負担者が死亡、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、
入学料の納入が困難であると認められる場合
イ. アに準ずる場合

<大学院又は専攻科に入学の方>は、上記に加え
ウ. 経済的理由により入学料の納入が困難で、かつ、学業優秀であると認められる場合が該当します。

1-2.入学料納入猶予

【申請資格】

ア. 経済的理由によって納付期限までに入学料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
イ. 入学前1年以内に、学資負担者が死亡、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、
納入期限までに入学料の納入が困難であると認められる場合
ウ. その他、やむを得ない事情があると認められる場合

1-3.授業料免除

【申請資格】

ア. 経済的理由によって授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
イ. 授業料を納付すべき時期前6月以内(新入生は入学前1年以内)に、学資負担者が死亡、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、
納入期限までに授業料の納入が困難であると認められる場合
ウ. その他、やむを得ない事情があると認められる場合
※授業料納入猶予と併用申請ができます。

1-4.授業料納入猶予

【申請資格】

ア. 経済的理由によって納付期限までに授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
イ. 学資負担者が死亡、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、
納入期限までに授業料の納入が困難であると認められる場合
ウ. その他、やむを得ない事情があると認められる場合
※授業料免除と併用申請ができます。

1-5.授業料月割分納

【申請資格】

ア. 経済的理由によって納付期限までに授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
イ. 学資負担者が死亡、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、
納入期限までに授業料の納入が困難であると認められる場合
ウ. その他、やむを得ない事情があると認められる場合
※授業料免除及び授業料納入猶予と併用申請はできません。

Ⅱ 2019年度後期分 授業料免除等の申請方法について

2019年度後期申請分より新たに《継続申請》方法が加わりました。 《継続申請に関する詳細》はこちらをご参照ください

※一次申請(学生ポータルからのアンケート入力)・二次申請(書類提出)を行います。 【申請書類の受付期間】はこちらをご参照ください 一次申請:千葉大学学生ポータルからのアンケート入力 千葉大学学生ポータル ログイン→アンケート→一般アンケート→2019年度後期授業料免除等 一次申請 二次申請:受付担当窓口にて書類提出

※授業料免除申請は、前期分と後期分の二期に分けて行いますので、各期ごとの掲示に注意して、定められた期間内に手続きを行ってください。

※新入生は、合格時に送付する「入学手続等の手引き」の≪経済的支援≫に関する頁を熟読のうえ、申請を行ってください。

Ⅲ 2019年度後期分 申請書類等について

はじめに授業料免除申請に際して、【一般・震災・独立生計者・留学生】のどの区分にあてはまるかこちらからご確認いただき、該当する区分の書類をダウンロード・印刷して申請してください。※本学学生の方は、統合情報センターおよび総合校舎1号館で印刷可能です。

※2019年10月1日時点で留年・修業年限超過者の方は、上記書類以外に超過者の申請書が必要となりますので、学生支援課窓口までお越しください。なお、「修業年限」については、休学期間を含みます。

(例:現4年次で過去に1年休学→5年目(修業年限超過)として取扱いますので、超過者の申請書が必要になります。)

Ⅳ 選考基準について

  • 千葉大学授業料免除選考基準は こちら から
  • 千葉大学(大学院専門法務研究科)授業料免除選考基準は こちら から
  • 特別控除額については こちら から
  • 収入基準額表については こちら から

Ⅴ 年間予定日程について

入学料授業料
前期分 後期分
(新入生) (在学生)
申請書類の入手方法 入学手続き書類に同封
 (冊子の綴じ込み頁)
入学手続き書類に同封
 (冊子の綴じ込み頁)
1月中旬
(HPからダウンロード)
7月上旬
(HPからダウンロード)
申請の時期 入学手続き時 入学手続き時 1月中旬~2月下旬 7月上旬~8月中旬
結果発表の時期 6月中旬 6月中旬 6月中旬 12月中旬
払込方法 自宅に郵送される振込依頼書にて入金又は直接授業料窓口(西千葉キャンパスは財務部経理課)での支払い 銀行引落又は直接授業料窓口
(西千葉キャンパスは財務部経理課)での支払い
払込締切日 結果発表時にお知らせします

Ⅵ  平成31年度前期分 授業料・入学料免除等の申請結果について

6-1.平成31年度前期分 授業料免除及び納入猶予申請の結果について

 平成31年度前期分授業料免除・授業料納入猶予申請の結果を令和元年6月14日(金)に申請者の千葉大学学生ポータルに掲載しましたので、ご確認ください。また、納入期日等のお知らせは所属の学部・研究科の所定の掲示板又は、学務部学生支援課にも掲示してありますのでご確認ください。

全額免除許可者の皆さんへ

平成31年度前期分の支払いについては手続き不要です。

全額免除許可者以外の皆さんへ

 下記のとおり、銀行引き落としになるか、後日、財務部経理課より該当者本人住所宛に簡易書留にて送付される「振込依頼書」による振込み、または、直接授業料納入窓口(西千葉地区:財務部経理課、亥鼻地区:未来医療系事務部管理企画課契約第一係、松戸地区:園芸学部会計係)で現金にて下記期日までにお支払いください。

【授業料免除】
半額免除許可及び不許可となった方・・・令和元年6月27日(木)に銀行から引き落としとなります

【授業料納入猶予】
納入猶予不許可となった方・・・・・・・令和元年6月27日(木)に銀行から引き落としとなります
納入猶予許可となった方・・・・・・・・

   卒業期にある学生...納入期限:令和元年8月14日(水)
   卒業期にない学生...納入期限:令和元年9月14日(土)

※口座振替の未手続き者は、直接授業料納入窓口(西千葉地区:財務部経理課、亥鼻地区:未来医療系事務部管理企画課契約第一係、松戸地区:園芸学部会計係)で現金にてお支払いください。

※授業料納入猶予許可者を除き、令和元年6月27日(木)に所定の口座から引き落としができなかった場合、又は口座引き落としの手続きをしていない場合で、令和元年8月31日(土)までに授業料が納入されなかった場合、除籍となりますのでご注意ください。

納入猶予許可となった方は、後日財務部経理課より該当者本人住所宛に簡易書留にて送付される振込依頼書による振込み、または、直接授業料納入窓口(西千葉地区:財務部経理課、亥鼻地区:未来医療系事務部管理企画課契約第一係、松戸地区:園芸学部会計係)で現金にてお支払いください。

6-2.平成31年度前期分 入学料免除及び納入猶予申請の結果について

平成31年度前期分入学料免除・入学料納入猶予申請の結果を令和元年6月14日(金)に申請者の千葉大学学生ポータルに掲載しましたのでご確認ください。また、納入期日等のお知らせは所属の学部・研究科の所定の掲示板又は、学務部学生支援課にも掲示してありますのでご確認ください。

全額免除許可者の皆さんへ

支払いについては手続き不要です。

全額免除許可者以外の皆さんへ

 後日、財務部経理課より該当者本人住所宛に簡易書留にて送付される「振込依頼書」による振込み、または、直接授業料納入窓口(西千葉地区:財務部経理課、亥鼻地区:未来医療系事務部管理企画課契約第一係、松戸地区:園芸学部会計係)で現金にて下記期日までにお支払いください。

【入学料免除】
半額免除許可及び不許可となった方・・・納入期限:令和元年6月27日(木)

【入学料納入猶予】
納入猶予不許可となった方・・・・・・・納入期限:令和元年6月27日(木)

納入猶予許可となった方・・・・・・・・納入期限:令和元年9月14日(土)

上記期日までに納入されなかった場合、除籍となりますのでご注意ください。

≪注意≫入学料免除の申請をされた方で、不許可又は半額免除の決定を受けた場合は、決定が告知された日から起算して14日以内に猶予の申請をすることができます。

Ⅶ 免除等手続き関係のお問い合わせ窓口について

【担当】学務部学生支援課生活支援係
【TEL】043-290-2178
※銀行引落手続き・振込依頼書・窓口での支払い等の問い合わせについては財務部経理課(043-290-2068)へ

Ⅷ 高等教育の修学支援制度について

本学は、文部科学省に、以下の確認申請書を提出し、一定の要件を満たすことの確認を受け、高等教育の修学支援新制度の対象機関となりました。

【参考:高等教育の修学支援新制度(文科省HP)】
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm

Adobe Reader ダウンロード

PDF の項目の閲覧には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader ダウンロード