学生生活
Campus Life

勉強したい

新しい学びの提案New learning suggestion

アカデミック・リンク・センター

アカデミック・リンク・センター(附属図書館)

「空間」「コンテンツ」「人的サポート」により、多様な学びのきっかけを提供

"考える学生の創造"を目指し、2012年3月にオープンしたアカデミック・リンク・センター。
図書館機能の高度化を図り、新たな学習環境をつくりだしました。
千葉大学が提唱する「アカデミック・リンク」の概要、さらに充実した学習環境・附属図書館について紹介していきます。

アカデミック・リンク・センター 公式サイトへ

考える学生を創造するための3つの機能Three functions

考える学生を創造

「生涯学び続ける基礎的な能力」「知識活用能力」を持つ学生の育成

Place

アクティブ・ラーニング・スペース

学生の皆さんが、様々な資料、コンテンツ、情報通信技術、あるいは学習を支援する人々(教員、図書館員、学生)を最大限活用しながら、グループや個人で学習を行うのにふさわしい場、自らの学習の成果を公表する場を提供します。

Content

コンテンツ・ラボ

授業の事前事後学習やさらにその主題について掘り下げて学習するために有益な図書類やwebサイトを案内する『授業資料ナビ』を強化するとともに、『授業資料ナビ』で提供される資料や授業で使う教材の電子化、授業そのものの録画などを行い、これらの学習に資するコンテンツをラーニング・マネージメント・システムを介して円滑に提供します。

Support

ティーチング・ハブ

ラーニング・マネージメント・システムの運用を支援するとともに、教材の電子化や情報通信技術の教育への応用などのためのファカルティ・ディベロップメント(FD)、アクティブ・ラーニング・スペースで活動するスチューデント・アシスタント(SA)の育成を行います。

4つの個性を持つ図書館Four characteristics

アカデミック・リンク・センター

※8:30から9:00までの利用内容は、図書館利用証所持者の入館、開架図書の閲覧、自動貸出返却装置による図書の貸出返却及び教育用端末の利用、とします。

Learning 棟 ~ 黙考する図書館 ~

静かに読書をしたり、一人静かに思考する学習空間。伝統的な図書館の良さを徹底して残すことを意識した建物。L棟にある静寂閲覧室内ではキーボード音の出る機器の使用はできません。

Investigation 棟 ~ 研究・発信する図書館 ~

研究開発、コンテンツ制作の拠点として、アクティブ・ラーニングに適した新しいタイプのセミナー室や授業の収録が可能なコンテンツスタジオなどを設置。「アカデミック・リンク」の研究開発を行うアカデミック・リンク・センターも置かれています。

Networking 棟 ~ 対話する図書館 ~

静寂であることを求めない、複数で学習するシーンを中心に考えられた空間。窓に面した席を除き、配置される机や椅子はすべてキャスター付きで、学生が自由に動かすことができます。必要に応じて大きいテーブルをつくったり、少人数に分かれたりすることができます。また、ホワイトボードを提供したり、iPad、PCの貸し出しも行っています。

Knowledge 棟 ~ 知識が眠る図書館 ~

伝統的な書庫としての機能を中心に考えられた建物。貴重書室、マイクロ室、巨大な電動集密書架などを備えた知識集積拠点です。

アカデミック・リンクの実践へApproach for Academic Link

コンセプト

千葉大学において「生涯学び続ける基礎的な能力」「知識活用能力」を持つ『考える学生』を育成するために、附属図書館、総合メディア基盤センター(現・統合情報センター)、普遍教育センター(現・全学教育センター)が2011年4月に立ち上げた、教育・学習のための新しいコンセプトです。

実現へのアプローチ

このコンセプトを実現するためのアプローチとして、学習環境とコンテンツ提供環境を1つにまとめ、「空間」「コンテンツ」「人的サポート」という3つの機能(上図参照)を持たせました。
「空間」は従来の図書館のように一人静かに勉強するだけではない自由度の高い学習空間の創造。
「コンテンツ」は学生が学習していくうえで必要なカタチ、欲しいカタチ(紙、電子媒体)で提供できる様々な形態のコンテンツの充実。
「人的サポート」は教員、図書館員、学生など多様な人材によるサポート体制の確立です。
これら新しい要素は、附属図書館本館のN棟とI棟に用意され、日常的に学生の知的好奇心を刺激する空間を演出しています。

日本の高等教育への貢献

アカデミック・リンクは学生が自由に学べる場としての役割を果たしていますが、今後、更なる「学習の質」の変化も期待されます。
また、他教育機関からの視察も受け入れており、アカデミック・リンクの推進は、日本の高等教育の向上にも貢献していくことでしょう。

アカデミック・リンク・センターの様子Contents

アカデミック・リンクのコンセプトに沿ってつくられたガラス張りの学習室。

見る・見られる空間「グループ学習室」

千葉大学院生がAcademic Link Student Assistant(ALSA)として学習を支援。

分野別学習相談

資料や文献の探し方、データベースの使い方などを図書館員が支援。

レファレンスサービス

千葉大学の教員が勉強や大学生活全般の相談に対応。

オフィスアワー

図書館入り口すぐ横のプレゼンテーションスペースで、セミナーやイベントなどが毎週火・金曜日の12:10~12:40に開催される。

1210あかりんアワー

机や椅子などを自由に動かして学べる学習空間。

コミュニケーションエリア

ブックツリーは、図書の多様性と可能性に気づくための「見せる本棚」。テーマに沿って分類を超えて本が配架されます。3階東のブックツリーでは「1210あかりんアワー」で行われたセミナーに関する資料を配架しています。

ブックツリー「見せる本棚」

【1階】授業を「学習資源」として活用するための録画設備を備えた教室。

コンテンツスタジオ「ひかり」

【1階】演習やワークショップ形式の授業を行うための教室。部屋の前後には「壁一面のホワイトボード」を設置。

セミナールーム「まなび」

【2階】コンテンツスタジオ「ひかり」で録画した授業の編集作業を行います。制作されたコンテンツは復習などに利用可能。

コンテンツ制作室