サイト内検索

  • 在学生向け
  • 留学生向け
  • 企業の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

インターンシップについて

インターンシップとは?

インターンシップは,学生が企業などで実習・研修的な就業体験をする制度です。
この体験により就職活動をする際の企業研究や業界選びに活かしたり,大学で学ぶことを明確にしたりすることができます。

インターンシップ参加の際の留意事項

(2020.6.17掲載)
 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から「留意事項」を確認のうえ参加をお願いします。

インターンシップの意義

  • 「働く」を具体的にイメージできる
  • 社会で活躍する社会人の考え方を見聞きし,一緒に働くことで,「自分はこうなりたい!」というビジネスパーソン像をイメージでき,さらに業界への理解も深まり自分がやりたい仕事や働きたいスタイルを発見できます。
  • 自分の強み・弱みを再認識できる
  • 自分なりの目的を持って仕事を経験し,受け入れ先の社員の方からアバイスをしてもらうことで,今の自分は何が得意で,何が不得意かこれから学んで改善するべきことは何かを発見することができます。
  • 人脈や視野が広がる
  • インターンシップ先の企業の方から社会人の先輩としてアドバイスを受けることができるのはもちろん,共に参加した仲間と就職活動に高いモチベーションを持つ者として刺激を与え合い,定期的に集まって勉強会を開いたり情報交換をするコミュニティーを作ることができます。

インターンシップの種類

 インターンシップには,正課内(単位認定が得られるもの)と,正課外(単位認定を伴わないもの)があります。また,受け入れ機関も企業,官公庁,NPO,各種団体と多岐にわたり,実施期間や時期(主に夏季等の休業期間中)もさまざまです。
・正課内のインターンシップの取扱いについては,各学部・研究科で確認してください。
・正課外のインターンシップについては,各学部・研究科及び就職支援課で募集している企業等の情報提供を行っています。また,UniCareerや各就職情報サイトからも検索が可能です。

 インターンシップの申し込み方法には,各学部・研究科の担当窓口を通して申込むものや,各学部・研究科の担当窓口を通さずに各自で企業や各機関に直接申し込むものがあります。

インターンシップの保険及び届出

(2019.10.7更新)
 インターンシップに参加する場合には,インターンシップ中の事故等により自ら負った傷病等及び故意又は重大な過失によって賠償を求められた場合に備え,事前に「学研災付帯賠償責任保険」に加入するとともに,「インターンシップ実施届」を所属学部・研究科等の担当窓口に提出する必要があります。
※(2020/7/31掲載) 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う入構制限においての 実施届の提出について取扱い を定めました。
※保険については,未加入者は学生支援課で加入することができます。また,加入済の者で加入証明が必要な必要な場合は学生支援課に申し込んでください。

 (注1)平成22年4月以降に入学した方で,学生教育研究災害傷害保険に加入している場合は,あわせて学研災付帯賠償責任保険にも加入済みです。
 (注2)「インターンシップ実施届」の提出がない場合は,学研災付帯賠償責任保険の適用外です。(補償されません。)
 (注3)学部・研究科等では独自にインターンシップに参加するための届出を準備している場合があります。事前に確認をしてください。

なお,インターンシップ先での個人情報について漏えいをしてしまった場合は,学研災付帯賠償責任保険の補償対象外です。

また,各学部・研究科等の担当窓口に「インターンシップ実施届」を提出せずに個人で参加する場合は,インターンシップにおける損害補償等が有効な保険(学研災付帯学生生活総合保険または各自大学生協等で傷害保険と損害賠償責任保険に加入するなど)必要があります。

インターンシップ情報

就職支援課に届いた各企業・団体等のインターンシップ情報(一部)を掲載しています。

>>> 就職支援課に届いたインターンシップ実施企業・団体等一覧はこちら


インターンシップに関するイベント

就職支援課に届いたインターンシップ関連イベント情報は,就職支援課資料コーナーで閲覧できます。
またイベント情報は就職情報サイト等にも掲載されていますので,そちらも各自ご確認ください。