大学案内
About Chiba University

研究活動上の不正行為への対応

基本方針

研究活動上の不正行為とは、故意又は研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠ったことによる、次のいずれかに該当する行為をいいます。

ねつ造

存在しないデータ、研究結果等を作成すること

改ざん

研究資料・機器・過程を変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること

盗用

他の研究者のアイディア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を当該研究者の了解若しくは適切な表示なく流用すること

研究活動の不正行為の事例

ねつ造・改ざん

科学研究費助成事業の研究成果として発表された2編の論文について、過去の実績のデータを参考としてデータのねつ造、改ざんを行った。

盗用

科学研究費助成事業の研究成果として発表された図書や研究成果報告書に他人の原著論文を許諾を得ずに無断で引用し、引用であることを明記せず、当該研究課題の研究成果として公表した。

不正行為を行った場合のペナルティ

補助金の返還

一部又は全額の返還が求められる可能性があります。

応募資格の停止

不正行為に関与したと認定された本人・不正行為が認定された論文内容の責任を負う者(1年~10年)

研究活動上の不正行為告発受付窓口

国立大学法人千葉大学では、適正な研究活動の保持、研究活動上の不正行為の防止、不正行為が生じた場合における適正な対応等についての規程を定め、告発・相談を受け付けるための窓口を設置しています。告発は原則として、顕名により行われるものとし、不正行為を行ったとする研究者、グループ、不正行為の態様等事案の内容を明示し、かつ、不正とする科学的合理的理由を記載し、申立書により提出するものとします。持参の他、電話・郵便・電子メールでも受け付けを行います。

なお、調査に当たっては通報者に協力を求める場合があります。また、調査の結果、通報が悪意に基づくものと認定された場合には、通報者の氏名の公表等必要な措置を講ずる場合があります。

規程等

告発受付窓口

名称:国立大学法人千葉大学研究推進部研究推進課長
住所:〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
電話:043-290-2152
FAX:043-290-2038
電子メール:bea2152@office.chiba-u.jp(@は半角でご入力ください)

部局別告発受付窓口(学内限定)

その他

研究者倫理に関する講演会(平成26年3月6日開催)

特別講演 「わが国の研究不正の特徴と国際比較」
講演者 科学技術振興機構 研究倫理・監査室
    松澤孝明 参事役

Adobe Reader ダウンロード

PDF の項目の閲覧には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader ダウンロード