大学案内
About Chiba University

教育研究上の目的

千葉大学

本学は教育基本法の精神に則り、広く知識を授け人格の陶冶を図るとともに、深く専門の学芸を教授研究し、大学院においては、学術の理論及び応用を教授研究してその深奥を究め、以て文化の進展に寄与する有為な人材を養成することを目的とする。

文学部

人文科学すなわち人間と人間の生み出す文化を対象とする学問、具体的には、人間とは何かという根本的問いに始まり、人間の思惟や知覚や認知の仕組み、文化の形成過程やその特徴、社会における人間関係のあり方、文化や社会の時系列的変容のすがた、世界のさまざまな地域での言語や文化の特性などの研究を目的とするために必要な知識や技術を修得することを通じて、社会や文化の根源を見据えることのできる人材を育成し、そのことをもって、社会に貢献できる教養豊かな人材を社会に送り出すことを目的とする。

法経学部

複雑な現代社会に生起する諸問題を社会科学的視野で把握し、批判的・創造的見地から分析し、その解決方法を総合的に立案する能力をもった人材を養成することを目的とする。

教育学部

社会人として備えるべき基礎的、総合的な知見を養うとともに、深く専門の学芸を教授し、教育界において広く活躍できる指導的人材を育成することを目的とする。

理学部

理学の基礎を学び、理解力と思考力を修得し、社会で活躍できる人材を育成することを目的とする。

工学部

工学を地球環境と共生しつつ文明の持続的発展と精神的に豊かな社会の構築を目指す実践学問と位置づけ、この考えのもとに高い教養と専門的能力を培うとともに真理を深く追求して新たな知見を創造し、これらの成果を広く社会に提供することにより社会の発展に寄与することを目的とする。

園芸学部

食と緑についての学識を深め、それらに関連する社会の多様な課題に対し、広い視野に立って理論的かつ実践的に対応できる能力を持つ人材の育成を目的とする。

医学部

人類の健康と福祉に貢献すると共に次世代を担う有能な医療人・研究者を育成することを目的とする。

薬学部

薬学及び関連する分野の学識を深化させ、薬学職業人としての活動を行うために必要な専門的知識、研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うとともに、全人的視野に立つ医療従事者、薬学的知識を持つ専門家を育成することを目的とする。

看護学部

豊かな感受性と創造力、柔軟かつ論理的な思考力、幅広い問題意識、確かな倫理観を備えた調和のとれた人間性を育み、この人間性の涵養を基盤に、看護学を教授することにより、看護実践の向上並びに看護学の発展に貢献できる人材を育成することを目的とする。

千葉大学大学院

  1. 修士課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことを目的とする。
  2. 博士課程は、専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。
  3. 専門職学位課程は、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培うことを目的とする。

人文社会科学研究科

  1. グローバル化及び科学技術の進展著しい21世紀の知識社会にあって、人文科学及び社会科学をこころざす有為の人材を集め、広い視野に立った学識、研究能力及び専門領域における深い独創性を兼ね備えた研究者並びに高度専門職業人を訓育・養成し、社会の付託に応えることを目的とする。
  2. 博士前期課程は、専攻分野はもとより、学際的・総合的分野における研究能力を涵養し、又は高度専門職業人の自立的活動に必要な高度の学識を授けることを目的とする。
  3. 博士後期課程は、研究課題を深化させて学際性豊かな成果を結実させ、また社会的諸課題に対する柔軟かつ深い洞察にもとづく実践的問題解決能力を備えた自立した研究者を養成することを目的とする。

専門法務研究科

高度の専門的な法律知識、幅広い教養、国際的な素養及び職業倫理を備え、特に紛争の中にある人々への思いやりをもつ、豊かな人間性を備えた法曹を養成するため、司法試験、司法修習と連携した基幹的な法曹教育の前期段階として、理論的かつ実践的な教育を行うことを目的とする。

教育学研究科

学部における一般的並びに専門的教育を基礎とし、広い視野に立って精深な学識を授け、教育の理論・実践を創造的に推進し得る人材を育成するとともに教員に求められる高度な知識と実践を基礎とし、教育現場の課題について、理論と実践の融合・往還を通して実践的な指導力やリーダーとしての役割を果たす力量を備えた高度専門職業人としての教員を養成することを目的とする。

理学研究科

  1. 基盤的な学問領域である数学、情報数理学、物理学、化学、生物学、地球科学に関する高度の専門性を修得させるとともに、周辺科学への理解を深めて新しい課題への対応力と開拓力を養い、関連分野への柔軟な応用力を備えた人材を育成することを目的とする。
  2. 博士前期課程は、普遍的応用力のある理学の基礎を授け、自然科学基盤分野における開拓的な研究能力又は多様な専門性を要する分野等に必要な柔軟な応用能力を有する人材を養成することを目的とする。
  3. 博士後期課程は、自然科学基盤分野における研究者又は科学技術者として自立して研究活動を行うに必要な高度の創造的研究能力と、その基礎となる豊かな学識を有する人材を養成することを目的とする。

工学研究科

  1. 工学に関わる優れた蓄積を更に高度化・発展させていくため、博士前期課程・博士後期課程の一貫した教育プログラムを実施し、社会的責任を果たしうる人間性豊かな人材を育成することを目的とする。
  2. 博士前期課程は、高度な知識を要する職業等に必要な能力を修得するための体系的な教育課程を提供し、専攻諸分野における専門性・研究能力を身に付けた高度専門職業人の養成に重点を置くことを目的とする。
  3. 博士後期課程は、専攻諸分野の専門性の深化はもとより、その基礎となる豊かな学識を養うことで、学際的・総合的な関連分野への展開能力を備えた科学技術者とともに、独創性豊かな自立した研究者の養成を行うことを目的とする。

園芸学研究科

  1. 園芸学に関わる研究を自立して行い、また社会の多様な課題に応えうる、広く深い学識、実践力、倫理観をもった人材の育成を目的とする。
  2. 博士前期課程は、専攻分野の学識を深化させ、高度の専門性を要する職業に必要とされる広範な知識と幅広い分野における応用力を伴った高い技術力、研究能力を養うことを目的とする。
  3. 博士後期課程は、専攻分野の更に深い学識の蓄積と、学際的・総合的視野を涵養し、研究者あるいは研究・行政等の組織統括者として自立した研究活動や組織マネージメントを行うに必要な高い能力と倫理観を兼ね備えた人材の育成を目的とする。

融合科学研究科

  1. 進化、発展するナノ科学及び情報科学技術を鑑み、ナノ科学技術と新しい情報科学の有機的な連携を図り、基礎から応用までの教育研究を行うこととし、もって、ナノ科学及び情報科学技術を担う高度技術者あるいは開発研究者である人材を育成することを目的とする。
  2. 博士前期課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野はもとより、学際的・総合的分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。
  3. 博士後期課程は、専攻諸分野の深化はもとより、学際的・総合的分野について研究者又は科学技術者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。

医学薬学府

医学・薬学並びに関連する専攻分野において研究者として自立し研究活動を行うに必要な高度の専門的知識、研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うとともに、全人的視野に立った医療従事者、医学薬学の知識を持つ先端的生命科学研究者を育成することを目的とする。

看護学研究科

  1. 広い視野に立って精深な学識を授け、看護専門職として看護学の学的基盤の充実発展に寄与できる高度な教育・研究・実践能力を養うことを目的とする。
  2. 博士前期課程は、看護学分野における研究能力及び選択に応じた高度な看護実践能力を養うことを目的とし、博士後期課程は、看護学分野の研究を独立して実施する能力、知識の産出・蓄積・拡大・精選・伝達等に貢献できる能力、その基盤となる豊かな学識を養うことを目的とする。
  3. 修士課程は、看護管理に携わる看護職者として必要とされる高度な問題解決能力並びに変革を行う能力を開発することを目的とする。