HOME

アパート契約の保証人

千葉大学に在籍している外国人留学生のみなさんが民間アパートを借りる際、千葉大学(留学生課長)が連帯保証人の役割を果たす制度です。保証人を見つけるのが難しい方は、利用してください。ただし、日本国際教育支援協会(JEES)が運営する「留学生住宅総合補償」に加入することが条件です。

この制度を利用した方が、家賃の支払いが遅れる等の賃貸契約違反をおこした場合、不動産仲介業者等からの照会は、保証人となっている留学生課(長)に入ることになります。その際には留学生課より、指導教員の先生に、在籍状況等について問い合わせを行うことがあります。このため、機関保証制度を申請する際には、「アパート入居保証書及び留学生住宅総合補償加入者証発行願」に、指導教員の先生の署名と押印をお願いしています。

(1) 申請の方法

留学生課およびインターナショナル サポートデスク(ISD)の各ブランチ(亥鼻及び松戸)で必要な書類等をお渡ししますので、窓口に来てください。申請の流れについては、留学生課のホームページでも確認できます。

(2) 保険料

・1年間:4,000円(保険料2,500円+加入金1,500円)
・2年間:8,000円(保険料5,000円+加入金3,000円)

また、保険期間を延長する場合に限り、6か月間のみの加入が可能です(保険料1,250円+加入金750円)。ただし、延長の手続きは、契約期間が切れる前におこなう必要があります。

(3)「留学生住宅総合補償」の内容

部屋に与えた損害で保険金が支払われるのは、火災、爆発、破裂、および漏水等による水濡れが原因となった場合のみです。物がぶつかった等により、床や壁等に傷をつけてしまった場合などは、補償の対象外です。
なお、住居に関わる事以外にも、補償の対象となる事故があります(お店に並べてある商品をあやまって壊してしまったり、自転車に乗っていて歩行者にぶつかり怪我をさせてしまった場合など)。

詳しくは、下記で確認をしてください。ISDでも質問を受けています。

HOME
Page Top
千葉大学 トップページ ISDトップページ