HOME

国民健康保険

日本に中長期的に滞在する予定のある外国人の方は、留学生でも、国民健康保険に加入する必要があります。国民健康保険に加入していると、病院などの窓口で支払う金額は、原則としてかかった医療費の3割ですみます。日本の医療費は高額です。健康に自信があっても、思いがけない病気や事故によって医療機関での治療などを受けることになった場合、国民健康保険に加入をしていないと、高額の医療費が請求されることになります。
また、在留期間更新手続きなど、入国管理に関わる手続きの際にも、国民健康保険被保険者証の提示を求められます。
国民健康保険には必ず加入し、保険料をきちんとおさめ、滞納などにより権利が失われることがないようにしましょう。

自分が外国人登録をしている区役所または市役所で加入手続きができます。加入手続きの際には、お金を支払う必要はありません。

  1. 国民健康保険被保険者届(外国人用)
    市役所・区役所の窓口にあります。ISDでも用紙と書き方の見本を用意していますので、必要な方はISDの窓口に来てください。
  2. 国民健康保険料用所得申告書
    収入について申告する用紙です。市役所・区役所の窓口にあります。また、ISDにも用意があります。収入が無い場合(奨学金は収入に含まれません)や、収入が少ない場合には、国民健康保険料が安くなる(軽減される)ので、この申告書を提出してください。なお、この申告書は、軽減を希望する場合には、毎年提出する必要があります。詳しくは、以下「保険料」を参照してください。
  3. 在留カード(外国人登録証明書)、パスポート

保険料は、前年度の収入金額によって決められ、各自治体によって金額が変わります。収入には、奨学金は含まれません。所得金額によって保険料の軽減を受けられる場合があります。ただし、軽減を受けるには、毎年1月~3月頃の間に、区(市)役所に軽減の申請書を提出してください。千葉市の申請書は、ISDの窓口でも配布しています。
保険料は、加入手続き後に納付書が送られてきますので、それが届いたら一括または分割で支払いをします。

国民健康保険に加入すると、「国民健康保険被保険者証」(保険証)が交付されます。病院などで診察を受けるときには、この被保険者証を必ず窓口に出してください。そうすれば、自動的に保険が適用された金額で会計されます。
保険証を忘れる等により、診療を受ける際に保険証の提示が出来ない場合には、保険は適用されないため、医療費の全額を払うことになります。その場合、後日、保険証を提示すれば差額を返金してもらえますので、病院窓口の指示に従ってください。ただし、診療を受けた日と同じ月のうちでないと、返金されない事がありますので注意してください。

下記のものについては、国民健康保険は原則として適用されません。

  • 健康診断、人間ドック
  • 予防接種
  • 美容整形
  • けんかや泥酔による病気やけが
  • 正常分娩、病気以外の理由による人工中絶
HOME
Page Top
千葉大学 トップページ ISDトップページ