再入国許可

平成24年7月9日より、新しい在留管理制度が施行されることにともない、再入国許可についても以下のとおり、取扱いが一部変更になりました。

みなし再入国許可

出国日から1年以内(1年以内に在留期限が来る場合は、在留期限まで)に再入国をする場合には、再入国許可を得る必要がなくなります。これを、「みなし再入国」とよびます。ただし、みなし再入国を希望する場合には、出国審査の際に提出する出国カードの「みなし再入国による出国を希望しますか」の質問欄に「はい」とチェックをする必要があります。

なお、期限までに再入国をしない場合には、出国前に認められていた在留資格はなくなります。海外でみなし再入国の期間を延長することもできません。詳細については、入国管理局のホームページで確認をしてください。

また、出国する前には必ず指導教員の許可を得て、事前に所属学部・研究科等の事務室にも出国日、帰国日、日本を離れている間の連絡先を報告してください。J-PACの学生は、留学生課の事務室にも届け出をしてください。また、日本に戻ってきたときには、同事務室に帰国の報告をしてください。

みなし再入国に該当しない場合には、日本を出国する前に、東京入国管理局に再入国許可申請をする必要があります。申請書は、法務省ホームページからダウンロードできます。

在留関係の申請ができるのは、外国人登録をしている住所を管轄する入国管理局のみです。
千葉県に住んでいる人は、東京入国管理局と東京入国管理局千葉出張所で申請ができます。受付時間は、月~金/9:00-12:00, 13:00-16:00です。

HOME
Page Top
千葉大学 トップページ ISDトップページ