ニュース・イベント情報
Topics

平成28年度千葉大学公開市民講座「浮世絵 あらわる! -房州・江戸・ヨーロッパ-」を開催します(開催日:11/23)

掲載日:2016/10/06

【終了しました】【満員御礼】

 江戸時代に盛んに制作された浮世絵は、江戸に生きる人びとのすがたを鮮やかな色彩と簡潔な構図に描き出しました。木版画に表されたこれらみずみずしいイメージは大量に流布し、また歌舞伎や行楽など最新の流行を伝え江戸の民衆に歓迎されました。また、19世紀後半に浮世絵を中心とする日本美術はヨーロッパに紹介され、ジャポニスム(日本趣味)という新しい芸術の動きが生まれています。
 この浮世絵の祖と目されているのが現在の千葉県鋸南町に生まれた菱川師宣(ひしかわ・もろのぶ[?--1694])です。菱川師宣を中心とする初期浮世絵の歴史は、2016年に千葉市美術館で開催された「初期浮世絵展--版の力・筆の力」で紹介され、国外の作品も集めた同展は日本初の試みとして高く評価されています。本市民講座では同展を企画された千葉市美術館副館長田辺昌子さんに菱川師宣の画業を中心に浮世絵の草創期の歴史を同展の反響も含めてご紹介いただきます。また房州に発した浮世絵がヨーロッパの人びとをなぜ魅了したのか、その歴史を紹介しながら検討することも目指しています。

講 演 1
房州から江戸へ -浮世絵の始祖菱川師宣と初期浮世絵の展開-
田辺 昌子(千葉市美術館 副館長)

講 演 2
ジャポニスム -ヨーロッパを魅了した浮世絵-
上村 清雄(千葉大学文学部 教授)

企画
千葉大学 高等教育研究機構 高大連携・地域貢献部門 地域貢献専門部会

開催日時
平成28年11月23日(水)13:00~15:00(12:30開場)

会場
千葉大学西千葉キャンパス 工学系総合研究棟2 二階 コンファレンスルーム

入場無料 定員100名
申込期間 平成28年10月5日(水)~11月7日(月)
定員を超えた場合は、お断りすることがあります。

申込方法
(1)申請フォームでのお申込み
 申請フォームをクリックして入力してください。
 申請フォーム(外部)

(2)はがき、Eメール、FAXでのお申込み
 「浮世絵 受講希望」と記し、①氏名(ふりがな) ②電話番号③住所またはメールアドレスをご記入のうえ、下記申込先にお送りください。あるいはこのホームページにあるチラシを印刷して裏面にある参加申込書をお使いください。

(郵便)
  〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町 千葉大学 学務部教育企画課 宛
(FAX)
  043-290-3606
(電子メール)
  koukai-kouza*chiba-u.jp(*は@に変更してください)

お申込みの際にいただいた個人情報は、本公開市民講座以外には使用いたしません。

チラシ(PDF)