ニュース・イベント情報
Topics

千葉大学は、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択されました

掲載日:2014/09/26

国立大学法人 千葉大学Rising Chiba University

平成26年9月26日
千葉大学

グローバル千葉大学の新生-Rising Chiba University-

「グローバル大学」から『スーパーグローバル大学』へ
~文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援事業」に採択!~

概要

千葉大学は、平成26年9月26日付けで文部科学省の「スーパーグローバル大学等事業『スーパーグローバル大学創成支援』」のタイプB(グローバル化牽引型)に採択されました。

『スーパーグローバル大学創成支援』は、我が国の高等教育の国際競争力の向上及び大学改革により徹底した国際化を進める、世界レベルの教育研究を行うトップ大学や国際化を牽引するグローバル大学に対して、制度改革と組み合わせ文部科学省が重点支援を行うもので、千葉大学は、これまでの実績を基に更に先導的試行に挑戦し、我が国の社会のグローバル化を牽引する大学を対象とした「タイプB:グローバル化牽引型」(全24大学)として採択されたものです。

千葉大学では、平成24年4月に国際化の方針である『グローバル・キャンパス・千葉大学』を策定し、世界を先導する教育・研究を促進する大学を目指し、グローバルに活動する大学を推進するため、多様なプログラムの設置による魅力ある国際共同教育の推進など、様々な活動を展開してきました。特に、平成24年度には、我が国のグローバル化を先導する大学として、文部科学省のグローバル人材育成推進事業〔全学推進型〕の全国11大学のうちの1つに採択され、「知識準備(Knowledge Reserves)高流動性(High Mobility)型グローバル人財」を育成するため、画期的な教育システム「スキップワイズ(SKIPWISE)・プログラム」を全学を挙げて取り組んできました。

今回の採択を受けて、千葉大学は、これまでのグローバル人材育成の成果から、未来のグローバル人材として「人間力のある人材の育成」が必須であると認識し、日本を理解し日本をアピールできるグローバルな人材を育成することを目標に、様々な取組を推進していきます。徳久学長の強いイニシアティブの下、10年後には世界を代表する未来志向型大学となることを目指し、全く新しい大学に変革させることを念頭に、千葉大学を新生させる覚悟で改革を進めていきます。

グローバル千葉大学の新生
-Rising Chiba University-

グローバル千葉大学で育成する人材像

◆人間力のある人材の育成=俯瞰+発見+実践

様々な事象を「俯瞰」し、そこからの新たな「発見」をもとに、エキスパートとして「実践」する人材

〔俯瞰〕新たな学問体系をもつ教養教育で俯瞰力を身に付ける
〔発見〕共同教育により新たな発見ができる能力を身に付ける
〔実践〕文理生命科学融合の教育で実践力のある人材となる

10年後 2024年の新たな大学の「景色」を描く

4つのレベル(ガバナンス、学修制度、プログラム、グローバル・ネットワーク)の改革による新生

アイコン ◆ガバナンス改革による新生
"新"教養学部の設置、共学教育の拠点形成、全学教育運営支援組織の構築+SULA(※)、教職員機能の充実強化
(※)Super University Learning Administrator
アイコン ◆学修制度の改革による新生
飛び入学の拡大、多様な入試の実施、学事暦の見直し、学内教育制度の国際標準化
アイコン ◆プログラム改革による新生
「ダブルメジャー制度」によるイノベーション人材育成(「TOKUHISA SCHOOL」)、留学のための「国際教養学プログラム」設置、国際日本学の必修化、セメスター派遣・受入プログラム、大学院ダブルメジャー・メジャーマイナー・プログラム
アイコン ◆グローバル・ネットワーク改革による新生
海外キャンパスの設置、アライアンス交流の推進

大学独自の数値目標

―753(シチゴサン)+1(タスイチ)計画-

「 7 」- 700科目の英語での授業を実施
「 5 」- 50% 入学定員の半分(1,200人)が留学
「 3 」- 3,000人の外国人留学生を受入
「 1 」- 10% 入学定員の10%(240人)を多様な入試で受入