ニュース・イベント情報
Topics

皇太子同妃両殿下が千葉大学環境健康フィールド科学センターをご視察

掲載日:2016/06/13

皇太子同妃両殿下は、6月12日、千葉大学環境健康フィールド科学センター(柏市:木庭卓人センター長)を視察されました。

平成15年に開設された当センターでは、「健康に生きる」をテーマに掲げ、環境健康科学、環境園芸学、東洋医学を主軸とした教育研究を通じて、知の創造と人材育成を行うことで、人々の心と身体を癒す実践の場を地域とともに作り、社会に貢献することを目的として多様な活動を展開しています。

この日、皇太子同妃両殿下は、県立柏の葉公園で開催された第27回全国「みどりの愛護」のつどい式典にご臨席された後、当センターを訪問されました。徳久剛史学長、木庭センター長がお迎えするなか、午後3時前にご到着。木庭センター長から施設概要のご説明を受けられた後、宮崎良文副センター長からのご説明で、「自然セラピー」の実験をご視察。皇太子殿下・妃殿下ともに、ヒノキ材の香りをお確かめになりながら「良い香りで、リラックスしますね」とお話されていました。

次に、オーダーメイドによる漢方診療により自然治癒力の向上を図ることを目指した柏の葉診療所において、勝野達郎所長から「生薬」についてのご説明を、また、古典的治療法とともに最新の治療効果の提供を目指した柏の葉鍼灸院において、松本毅院長から「国産ヨモギ栽培によるモグサの品質」のご説明をお受けになりました。

続いて、人々の健康機能の改善に効果のあるハーブ類等約350種類の植物を維持管理する薬草園を視察され、皇太子妃殿下は、「いろいろな植物が、ひとの健康に役に立つんですね。」とお話されるなど、東洋医学に関わる薬用植物について、興味深くご覧になっていらっしゃいました。

約1時間30分に及んだご視察では、多くの場面で質問なさるなど、当センターの先進的な取り組みや研究について、深い関心をお持ちいただけたようでした。

終わりに、徳久学長、森田健作千葉県知事、秋山浩保柏市長らがお見送りするなか、皇太子同妃両殿下は、笑顔をお見せになりながら帰京されました。

【関連リンク】
千葉大学環境健康フィールド科学センター http://www.fc.chiba-u.jp/
自然セラピープロジェクト http://www.fc.chiba-u.jp/research/miyazaki/
柏の葉診療所東洋医学センター http://www.fc.chiba-u.jp/hospital/top.htm
柏の葉鍼灸院 http://www.fc.chiba-u.jp/hari/
花卉・苗生産部 http://www.fc.chiba-u.jp/gaiyou/gyoumuhp/naeseisan/watanabe.html

御着のご様子、徳久学長(右)と木庭センター長がお出迎え

宮崎副センタ―長のご説明で、ヒノキの香りを体験されるご様子

渡辺准教授からイブキジャコウソウのご説明をお受けになるご様子(薬草園にて)