ニュース・イベント情報
Topics

平成29年度千葉大学大学院修了式・学位記授与式 学長告辞

掲載日:2018/03/30

  本日ここに、博士、修士、専門職の学位を授与された皆さん、素晴らしい研究成果を収め、学位を取得されましたこと、心よりお祝い申し上げます。また、これまで研究に専念できるよう支えてくれた、ご家族や関係される皆様に、お慶びを申し上げます。

  皆さんの大学院における研究活動では、新たな発見の喜びや驚きが、多々あったことと思います。論文に結びつくデータが得られた時の喜びは、本人にしか味わえないものであり、強く記憶に残ることでしょう。また皆さんの中には、新たな研究成果を求めて、苦悶の日々を過ごされた方も、多いのではないでしょうか。学位論文のテーマとは異なる問題の解明につながるようなデータが得られたにもかかわらず、指導教員やメンターからは脇道にそれないようにと指導を受けて、悔しい思いをされたこともあったのではと思います。このように、楽しいと思って始めた研究も、結果を出すまでには、いろいろなプロセスがあったことを、思い出してください。

  このような大学院での研究活動を通して、皆さんの価値観や人格が形成されていくとともに、皆さんの「知性」が磨かれてきました。若いころの苦労は、お金を払ってでも経験しろと言われます。皆さんは、大学院で授業料を払って、学位論文をまとめるために苦労をしてきました。大学院における研究活動の成果物として皆さんが得るものは、学位記という1枚の証書でしかありません。しかし、その過程から得られた知識や経験は、皆さんのこれからの人生において、何かを創り上げるときの大きな原動力になることでしょう。

  今日の修了式を迎えられた皆さんは今まさに、人生の新たなスタートラインに立っています。そして皆さんは、将来、社会をリードする立場に就くようになります。しかし、皆さんがこれから活躍する社会は、21世紀に入って大きく変貌してきています。特に、情報技術や交通手段の進歩は、世界の色々な分野や地域にグローバル化をもたらし、何事も地球規模で考えなければならない時代を迎えています。それに伴い人々の価値観も大きく多様化しています。また、人工知能・AIの進化が加速度的に速まっており、すでに特定の分野ではヒトを凌駕する高い知能を持つようになっています。そのため近い将来、AIに取って代わられる学問分野や職業なども話題にされ始めています。同時にAIの進化が、新たな学問分野や職業を生み出していくことも間違いないでしょう。さらに、世界では中国やインドなどのアジア諸国の経済的な発展により、国際競争が激化してきています。

  皆さんは、このような世界の状況をしっかりと自覚して、リーダーとして中心的役割を果すことが求められています。そして、何時の時代でもリーダーには、世界の文化や社会システムを理解し、広い視野に立ってリーダーシップを発揮できるばかりでなく、創造力あふれる人間力を身に付けていることが求められます。特に先の見通せない時代におけるリーダーには、人間力を構成する要素の中でも、変わりゆく世界の動向を見極める深い知性が、強く求められるようになります。この「創造的に考える能力」である「知性」は、大学院で研究成果を求めて努力する過程で磨かれてきました。これからも、新しい環境の中で困難な問題に対して立ち向かい、納得のいく解答を求める努力をすることにより、知性を磨き続けてください。

  社会のリーダーに必要とされる人間力を構成する大切な要素として、知性ともに人格があります。高潔な人格が、リーダーとして他者を動かす原動力となるからです。そこで、新たな人生に向けて希望に燃えている皆さんへ、私が人格形成の面で大切にしている言葉を贈ります。それは、「誠実」と「思いやり」です。皆さんが社会でリーダーシップを発揮していくには、仲間の助けが大きな力になるでしょう。そのような仲間との繋がりを大切にするという思いから、何事にも「誠実」であってほしいと思います。この誠実さの次にくるのが、思いやりの心です。どのような相手にも思いやりの心をもって接してください。これから皆さんの社会的地位が高くなればなるほど、誠実さと相手を思いやる心の大切さが大きくなってきます。この誠実さと思いやりの心が、仲間の信頼を勝ち得ることにつながり、結果として皆さんのやりたいと思うことが実現に近づくと確信しています。

  そして、皆さんが大学院での研究活動を介して身に付けた、自由なものの考え方、高いレベルでの科学的・文化的思考や技量、創造力あふれる人間力などを発揮し、社会に出てからも絶えずご自身の知性と人格を磨き続けるとともに、広い視野にたってリーダーシップを発揮して、新しい日本を、新しい世界を創り上げていただくことを切望いたします。

  これまで指導してくれた教職員、共に学んだ先輩・後輩など多くの方々が、これからの皆さんの活躍を応援していることを、忘れないでほしいと思います。そして千葉大学は、これからも皆さんの将来を見守り続けます。皆さんには是非、千葉大学の同窓生として、千葉大学を、そして後に続く後輩たちを応援していただきますよう、お願い致します。

  最後に、千葉大学での学びによって得た深い専門性と豊かな教養に自信と誇りを持って、未来の明るい社会をつくり出してゆくリーダーとして、多方面で活躍されることを心より祈念し、私の告辞といたします。本日は、誠におめでとうございます。

平成30年3月27日
千葉大学長 徳久剛史