ニュース・イベント情報
Topics

平成30年度千葉大学入学式 来賓祝辞

掲載日:2018/04/12

Good afternoon Everyone.
It is a great privilege for me to be here today at the invitation of President Tokuhisa to offer you, and your families, my heartfelt congratulations on this auspicious occasion.
Today is a very special day.
Each and every one of you is about to embark on an exciting new journey of learning, personal growth and achievement at this great institution, Chiba University.
Today is also a special day, because it happens to be my birthday!
I won't tell you how old I am, but I can certainly tell you that one of the best birthday gifts that I could ever receive is the honour of sharing my thoughts with you today.
You are now standing at a critical crossroad in life. As you begin your studies at Chiba University, I am sure you must be thinking about how your world is about to change.
I encourage you also to consider your roles and responsibilities as the next generation of leaders and thinkers in Japan.
What will you leave behind on our planet, for your children, and for their children to come?
Your university education is a unique chance to explore your interests and talents. Value it and treasure it, as it won't come around in your life a second time.
Chiba University will offer you a wonderful opportunity to learn. It will also offer you the opportunity to dream.
And in the spirit of "Always Aim Higher", I hope you will think beyond Chiba, beyond Japan, consider your future as a global citizen and "Dream Big"!

As you set your sights on those dreams, I urge you to consider the rapidly changing world around us.
The world we now find ourselves in, where populism and the threat of turmoil is ever-present, and where technology is advancing at the speed of light. The world of SNS and the Twittersphere where the communication of facts and fiction alike is reduced to a few words only.
This is the world that will await you, where:
•the Impossible becomes Possible
•the Unthinkable becomes Thinkable
•Fiction becomes Truth
And,
•Today's "normal" is no more than tomorrow's history

With the advent of Brexit in Europe, Donald Trump in the White House and the increasingly global footprint and influence of China, the world order and international alliances we have come to rely on are constantly challenged.
How many of us could have imagined that the United States and North Korea may one day be friends?
In today's world, there are no given certainties.
It is up to every one of you to shape your own future.
To live, dream, create, and innovate.
What will you believe in? Where will you stand?
There are no wrong or right directions. Even if you're not sure right now, follow the pathways that Chiba University will offer you.
Today I'd like to talk about a few of the important signposts to look out for along the way.

Firstly, the signpost to the Future You. As you pursue your studies here at Chiba University, take some time to consider- what are you really building? -The Future You
Many of you may already harbour dreams and ideas about who or what you would like to be.
But to truly prosper tomorrow, we all need to think beyond today.
By the year 2035 humanity will be in a Time of Transition. What sort of a world will the Future You live in?
•Humans may be on the way to Mars
•Our planet may be under serious environmental threat
•40-70% of jobs will be automated by robots
•There will be no need for licenses to drive cars
•And, unemployment may be a problem in many societies
What skills will YOU need to not only to survive, but more importantly to thrive?
Human beings need to work. They need to work not only to support themselves and their families, but equally to enrich themselves and contribute to society.
I encourage you all to consider the new world of human endeavour and opportunity that the AI revolution will bring. What would you really like to do if work as we know it today no longer existed?
The best and brightest will create their own jobs.
Now is the time for you to build the skills, and the mindset, to sustain you on that journey.

And as you embark on this critical step in the next part of your academic education and personal development here at Chiba University, I'd like you to take some time to reflect on the Power of Personal Choice.
My own life story, and most likely all your stories too, has really been the sum accumulation of all the choices I've made.
Sometimes some of those choices are so ingrained in our thinking, or so subtle, that we don't even know we're making them.
And yet, they can lead us down pathways and to destinations that we may never have imagined were possible or might never have dared to aspire to.
In my case, Japan was a part of my life in a way that was almost pre-destined. It started before I could walk or talk.
My father worked for a Japanese company in Australia for over 40 years. His Japanese colleagues nursed me as a baby, brought me Japanese dolls to play with in kindergarten, and taught me how to fold origami in primary school.
My early exposure to Japan as a young child in Australia guided and inspired me in ways that were beyond my understanding at that time.
I could not imagine, for example, that I would become a professional Japanese linguist, or that I would fall in love with and marry a Japanese man.
So too, the experiences and personal choices that define your time here at Chiba University will shape your future.
Some of you may already have very clear ideas about the subjects you wish to study and the disciplines you aim to pursue. Others may not.
But in either case, I urge you to cast the net as widely as you can in these early days of your studies.
The focus of your research and study may eventually be quite different to where you started, but the value of experience is never wasted. Knowledge and wisdom come from many sources. The true power of diversity is harnessed through the ability to see things from many different viewpoints.
It's also important to follow your heart. Don't be afraid to test yourself and question where your true talent and passion lies. In my own case I entered the law faculty of Monash University in Melbourne only to discover that my real talent and passion in life was for foreign languages. At that time, I could not imagine that the decision I took in the second year of my university studies to switch to a Liberal Arts degree with a major in Japanese would in fact be life-changing.
And yet, this small but significant choice set me on the pathway which, 35 years later, would eventually lead me to stand here before you today.
The pathway towards your future is not always a straight line. There may be many twists and turns along the way. When a door opens for you, if it feels right, go through that door to find out what is on the other side. Personal growth can be frightening, it can be painful, but it is always rewarding.

Now I'd like to take a moment here to reflect on Global Citizenship and issue you with a challenge:
"Could YOU change the world?"
We are all born citizens of the world. You, me, every one of us. There is nothing that qualifies me better than you, or anyone else. It is our shared right, and our shared destiny.
What, then, defines a truly global citizen?
A truly global citizen, in my view, is someone who leaves this world better in some way than when he or she entered it.
A truly global citizen does not confine his or her thinking only to the narrow space of home town, home country, or immediate family and community, but has the capacity to think beyond this to issues affecting the world at large.
And a truly global citizen believes in taking action, in challenging the status quo, in change, and in the legacy that we will leave behind for future generations to come.
Global citizenship is not restricted only to the rich, famous or powerful. Every single one of us CAN change the world in some way large or small. But to truly make a difference, there are several skills and attributes you will need:
1.Clear Thinking
2.Communication skills
3.Curiosity
4.Passion
5.Tolerance and cultural awareness
and finally,
6.Good judgement and mental strength
In the interests of time, today I'll focus on two that I feel to be amongst the most essential of these.

Before you can learn to communicate across cultures, the first skill you need to master is clear thinking. This is a very important life skill that will underpin almost everything you do. If you don't really have a clear idea of what you want to say, it won't come out well.
Clear thinking, in other words, being able to form a logical and persuasive argument about something applies equally to all ideas, opinions or feelings you may wish to express. It is just as important in poetry as it is in physics.
Personally, I found that clear thinking was the most useful thing that I learned in my own university days above all else. I have been constantly reminded of its value later in life.

The starting point to exploration and research of any kind is man's natural curiosity.
It's also essential that as a global citizen, you stay interested in what's happening in the world around you. Not just in those things that interest and excite you, but in other things too.
In this age of information overflow, when we all lead such busy lives, and with so many daily pressures to think about, it is easy to lose interest in anything that does not seem immediately helpful to you, to your study or to your work. There also was a time in my life when I allowed this happen to me.
But those with a narrow perspective and outlook on life limit their own possibilities by the field of their vision. This is also confirmed by prospective employers. The international human resources firm Egon Zhender ranks curiosity as one of the most important recruitment considerations for them in assessing global competence.
Chiba University will offer you a wealth of opportunity to expand and nourish your curiosity in the world, and in the endeavours of humankind. I encourage you to take full advantage of it.

Finally, I'd like to urge you to make wise choices and strive to Be the Best You Can Be.
Today, you are entering Chiba University full of hope and expectation, and you will graduate several years later as young adults ready to contribute to society with newly-acquired skills and knowledge.
Your values and beliefs are at the core of who you really are. You may find that there are hard lessons to be learned along the way. Remain true to your core values and beliefs and you will never have cause to look back with regret. Remember to "Be the Best You Can be", and I feel sure that you will all blossom here at Chiba University into global citizens with the good judgement and presence of mind needed to be the next custodians of our planet.

On behalf of the Management Advisory Board of Chiba University, I wish everyone here today much happiness, health and prosperity. Heartfelt congratulations to all those starting university today.
Always Aim Higher! The future of Japan is in your hands.

[和訳]

 本日は徳久学長のご招待を受け、この場を借りましてご入学をされる皆様、そしてご家族の皆様に対して祝意のご挨拶を申し上げる機会を得ましたことを大変光栄に存じます。
 本日は皆様に取りましては一生に一度の特別な日です。ご入学される皆様はこの名門である千葉大学に於いて学問と人間形成の功績を積み上げる新たなジャーニーに乗り出す節目に立っていらっしゃいます。
 本日は私に取っても特別な日でもあります。なぜかと言いますと自分の誕生日です。今日で何歳になったか皆様に教えることを遠慮させていただきますが、確かに言えることは皆様にご挨拶する機会に恵まれましたことが私に取っては最高の誕生日プレゼントになりました。
 皆様は人生の曲がり角に立っていらっしゃいます。千葉大学へのご入学に当たり、今後の新しい展開とチャレンジを期待しながら、きっと皆様の心がわくわく、ドキドキすることでいっぱいなのではないかと思います。また、日本の次世代リーダーとしても、今後皆様を待ち受けている役割と責任について是非ともご入学に際して考えて頂きたく存じます。
 将来、皆様の子供たち、そして更にその子供たちに何を残していきますか?皆様が千葉大学で受ける教育は自分の関心と才能を試すかけがえのないユニークなチャンスです。人生に一度だけの貴重なチャンスですので、それを大切にしながら大いに生かしてください。
 千葉大学では皆さまは素晴らしい学ぶ機会を与えられます。夢を見る機会も与えられます。
「Always Aim Higher!」のモットーを忘れずに、皆様の夢が千葉より大きく、日本より大きく広がり、常に「Dream Big!」を目指す次世代のグローバル市民に成長していかれることを心より期待しております。

 皆様には是非大きな夢を抱きながら、同時に是非とも激変する世の中についても考えていただきたいのです。
 現代の世の中では国家主義、ポピュリズムとテロ問題が悪化し、技術の発展も光の速さでどんどん進みます。現代の世の中ではSNSとTwitterが一般化され、日常のコミュニケーションも数文字だけで済んでしまう時代となりました。
 近未来の世界では
•「不可能」が「可能」となります
•「想定外」が「想定内」となります
•「嘘」が「事実」に変わります
 そして
•「今日の当たり前」は「明日の歴史」に過ぎません

 世界の情勢も、急ピッチで変わっています。今まで安心できるはずだったアライアンス、国際機関、貿易協定などは様々な形で問われています。ヨーロッパでBREXITがあり、アメリカではトランプ政権の誕生もある中で世界、中国も他国との関係を積極的に深め、どんどん自国の影響力を伸ばしています。世界のルールの作り直しをする時代になったと言っても過言ではありません。最近まで考えられなかったアメリカと北朝鮮との合同会議でさえ実現される見込みとなりました。
 皆様、この世の中には確かなものは一切ありません。皆様、自身の将来の道を自分の力で作っていかなければなりません。生きながら、夢を見て、未来を創造し、イノベーションを起こしていきます。そうした背景の中で皆様、一人一人は何を信じて、何を追求していかれますか?正しい道、又は間違っている道というものは存在しません。現時点で見えなくても千葉大学が皆様に提供する様々な道を歩んでいけば、最終的には自分だけの行き先にたどり着きます。自分だけの道を見つけるに当たって、いくつかの重要な道標もあります。それらについてここで詳しく触れさせていただきます。

 まずは未来の自分への道しるべです。皆様、千葉大学で学びながら、果たして何を創造されていると思いますか?‐未来の自分です。
 皆様の中で、将来どのような職業につきたいか、何をしたいかについては既にはっきりとアイデアと夢を抱いていらっしゃる方々も多いかと存じます。しかし、近未来の世の中で本当に栄えるためには、現代の世の中より幅広く大きく我々の視野と想像力を伸ばす必要があります。
 2035年までには人類が大きな変革に直面します。皆様が住む未来の世界はどのようなところでしょうか?
•人類は火星で住むことも考えられます。
•地球は深刻な環境危機に襲われています。
•40-70%の職業はAIで賄われています。
•車の運転免許も必要なくなっています。
•世界各国に於いても失業率が上昇しています。
 生き残るためだけではなく、繁栄するためにも人々に求められるスキル、そして皆様に求められるスキルは果たしてどのようなものでしょうか?
 人間にとっては働くことが大きな意味を持っています。生計をたてて家族を養うために働かなければなりませんが、それ以上に働くことを通じて自分の自己向上と社会への貢献を成し遂げることも重要です。
 皆様、AI革命がもたらす未知の世界を是非想像して下さい。人類にとってはどのように文明や生き方が変わるのでしょうか?現代で私たちが従事する「職」がもはや存在しないならば、本当にやりたいことは何でしょうか?近未来では最も優秀な人材は自分の「職」を自分でデザインしていきます。そのような近未来に向けて、求められるスキルとマインドセットを今から構築していく必要があります。
 皆様の千葉大学へのご入学に当たり、人生形成の大切なジャーニーが始まります。その意味合いに於いて、ここで個人の選択の自由について少し触れさせていただきます。

 私自身の人生は結局毎日自分が選んで参りました選択肢の累積でもあります。皆様にとってもきっと同じでしょう。我々は毎日様々な選択に迫られています。場合によっては自分が選ぶ選択があまりにも身近なものである故、無意識なものとなってしまっているケースも少なくありません。それらの選択により、結局我々が想定出来なかった道を歩み、想像もしなかった行き先にたどり着くこともしばしばあります。
 私自身の場合、まだ話すことも歩くことも出来なかった幼児の頃から日本との縁に恵まれました。将来大人になってから日本と一生関わりを持つようになることがまるで運命だったように思います。父は40年間に渡り、オーストラリアのメルボルンで日系企業に務めて参りました。日本から訪れる父の日本人同僚は赤ん坊の自分を抱きながら歌を歌い、幼稚園の自分に日本の人形をプレゼントし、そして小学生の自分に折り紙を教えて下さいました。このようにして、子供の頃から日本人が自分にとってはとても身近な存在となり、その結果、当時の自分が夢でも考えられなかった道を歩むことになりました。いずれは日本語が堪能になり、やがて日本で働き、日本人と結婚することも子供の頃に想像も出来ませんでした。
 皆様も今後数年間に渡って千葉大学で様々な経験を積み、様々な選択肢を取り、それらによって自分の将来に向かって歩んでいくことになります。
 勉強したい分野、最終的に目指したい職業や研究などについて既にはっきりと目標設定をされている方は本日ご出席の皆様の中にもきっと数多くいらっしゃると存じます。その反面、まだはっきりと自分が今後進むべき道が見えなくて、どこを目指せば良いかわからない方もいらっしゃるかと存じます。いずれの場合に於いても、最初の頃からなるべく幅広く様々な科目を取り、徐々に自分自身を磨くことをお勧めいたします。自分の心で感じることに自信を持つことも重要です。それに基づき自分の熱意と才能を常に試しながら前進して行くことをお勧めします。
 私自身もメルボルンのモナッシュ大学の法学部に入学しました時、半年経ったところで、自分が弁護士には向かないことに気がつきました。そこで、Liberal Artsに入学し、自分の好きな外国語の勉強に取り組みました。大学二年目から日本語を専攻として勉強する選択肢はいずれ私の人生を完全に変えていきました。
 35年前のその時の選択肢のお蔭でここで本日皆様の前に立つことに至ったわけでございます。
皆様、前に進める時は必ずしも直線ではなく、行き先が必ずしも見えるわけでもありません。但し、時々ドアが開きます。ご自分の中での「感」さえ合えば、是非そのドアを通り、向こう側で何が待っているか、追求してみて下さい!人間としての成長を目指す時、時には恐怖と心の痛みが伴いますが、必ずかけがえのない成果も得られます。

 ここでグローバル市民というものについて少し触れさせていただきながら皆様に対して一つChallengeを提言いたします。
「一人の力で世界を変えられると思いますか?」
 我々はこの地球の一市民として生まれて参ります。私も、皆様も全員そうです。我々が共有する地球の市民権を獲得するにはこの地球のどこかで暮らしている以上、全員にとっては条件が同じです。
 それならば、グローバル市民とはどのように地球の一市民と異なるのでしょうか?
 グローバル市民とは常に世の中に貢献することを目指し、自分の生涯を終えた際に自分の後を継ぐ人々のために何らかの形で良いもの残していく人のことを言います。
 グローバル市民とは自分の視野を自分が住む地域社会、又は自分が住む国にとどめることなく、世界各国の人々が直面する問題についても考える思想能力があります。
 そして、グローバル市民とは常にアクションを起こし、現状維持を問いながら、次世代のために改革の成果を残していきます。
 グローバル市民になるには特に有名でもなく、裕福でもなく、力持ちでなくてもいいです。例え微力であれ、だれでも一人の力で世界を変えられます。とはいえ、活躍されるに当たって、皆様がグローバル市民として必要とされるスキルと特徴はいくつかあります。それらは
1.クリア・シンキング
2.コミュニケーション能力
3.好奇心
4.パッション
5.多様性を受け付ける適応能力
そして、
6.精神力、判断力と自立心
です。
 時間の制約もあり、ここで特に重要な2点のみについて詳しく説明を申し上げます。

 クリア・シンキングは自分自身が大学で取得しました最も重要なスキルであると考えております。論文を書く際、研究を行う際もどちらもクリア・シンキングが必要になり、それにより将来社会人となっても明らかに意図が伝わる文書も書けるようになり、コミュニケーション能力も身につきます。これはグローバル人材に求められる重要なスキルの一つです。

 また、クリア・シンキングの他にも好奇心はとても大切です。グローバル市民である以上、自分の身の周りに起きていることと世の中には是非好奇心を持って下さい。自分の興味が引かれる分野のみならず、他のことについても関心を抱くよう是非とも心がけて下さい。社会に出て、働き出すと仕事に追われて、会社の人とばかり付き合い、情報があふれる中で自分の仕事以外のこと、そして自分にとってメリットのある人以外の人物に興味を持たなくなる恐れがあります。自分も以前、そのようになってしまった経験があります。視野が狭い人間は自分の可能性を最初から自分の視野でとどめています。今後皆様を採用する企業側でも好奇心が重視されるようになりました。世界の一流人材会社であるEgon Zhender社はグローバル人材の最も重要な特徴として好奇心を挙げています。千葉大学は皆様に自分の好奇心を大いに伸ばす環境を提供してくれます。その環境をグローバル市民の目線で是非とも生かして頂きたいと存じます。

 最後にこの場を借りまして、自分の個人的なモットー、「Be the Best You can Be」を皆様にご紹介させていただきたいと思います。本日皆様は新入生として、千葉大学にご自分の希望を託して入学されます。数年後、新たなスキルと知恵を持つ社会人として卒業されていきます。千葉大学で学習することはご自分の中でのコア・バリューの統合にも繋がります。このコア・バリュー、すなわち正義の価値観はそれこそグローバル・ステージで活躍するために欠かせない精神力、判断力と自立心の源となります。
 「Be the Best You can Be」を毎日のモットーにして、その実現のために本当に最善の力を尽くしていれば、反省することはいっぱいあるとしても、決して後悔することはない、と私自信心から信じております。
 それでは千葉大学経営協議会を代表いたしまして、ご出席の皆様のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げて、私の祝辞の挨拶とさせて頂きます。本日のご入学、おめでとうございます!
 Always Aim Higher! The future of Japan is in your hands.

平成30年4月5日
千葉大学経営協議会委員
正宗 エリザベス