学部・大学院
Academics

看護学部

学部の概要

世界中の人々の生老病死にふれるところでいつも看護が必要とされています

看護学部は、看護に必要な能力を養い、広く看護学領域における有能な人材の育成を目的として、昭和50年4月に国立大学では唯一の学部として設置されました。看護学は、看護専門職の実践活動に理論的根拠と体系を与え、人々の健康生活をヒューマンケアの立場から支援する方法を追究する学問です。本学部では、総合的視野をもった保健師・助産師・看護師の基礎教育となる看護学を教授すると同時に、大学院看護学研究科(修士・博士)の教育目標に連動する基礎的能力を育成します。

学 科 看護学科
所 在 亥鼻キャンパス 千葉市中央区亥鼻1-8-1
URL http://www.n.chiba-u.jp/

看護学科

看護学科の入学定員は、1年次が80 名、3年次編入学生が10 名で計90 名です。学部校舎に囲まれた藤棚のある亥鼻の丘は、およそ500 名の学部生・大学院生の勉学に対する情熱で活気に溢れています。また西千葉キャンパスには総合大学のよさを活かして多くのサークルがあり、他学部生との交流も活発で人間的な成長がはかられています。さらに専門の看護学分野では海外の看護大学との学部間協定による留学の便宜もあります。

実習

医学部附属病院をはじめ保健所や老人病院、精神病院、保育園、小学校等の各種施設で行います。そして、4年間の学習を統合し、自分自身の関心をより深めるために、自ら選択した看護専門領域において統合実習を行います。

卒業後の進路

卒業直後は看護師として病院に勤める人が約70%、保健師として保健所・市町村・企業などに勤務する人が約20%、残りの約10%が助産師として産院・病院への就職者と大学院などへの進学者です。

キャリアアップ

キャリアアップの方向としては、数年の実践経験を経て自分の興味ある研究課題を見いだして、大学院に進学してくる卒業生が年々増加しています。

我が国の看護教育が4年制大学に移行していきつつある現在、高い研究能力と優れた実践能力のある教育研究者が社会から強く要望されています。
看護学部は、それらの期待に応えつつ、日本の、いや世界の看護学の発展に力を尽くしていくのです。
皆さんが若い意欲と情熱をもって、この仕事に参画してくださることを期待しています。