学部・大学院
Academics

融合科学研究科

博士前期課程・博士後期課程融合科学研究科
Graduate School of Advanced Integration Science

総合大学ならではの学際性を生かし、専門間の融合化による新しい学問を創生する

融合科学研究科は、理学部・工学部及び園芸学部を母体として、博士前期課程(修士)2専攻と博士後期課程(博士)2専攻で構成された独立研究科です。千葉大学の総合大学としての強みを生かし、理学・工学・園芸・文学・教育学部といった多様な学部で教育に携わる教員と、環境リモートセンシング研究センター・統合情報センターなどの各種施設と連携し、教育研究に当たっています。当研究科では、自然科学の主要な専門諸分野の深化はもとより、学際的・総合的な分野の教育と研究を行い、未来に向けて必要とされる新しい学問分野を創生することを目指しています。

専 攻 ナノサイエンス専攻、情報科学専攻
所 在 西千葉キャンパス 千葉市稲毛区弥生町1-33
URL http://www.adv.chiba-u.jp

学部教育と連動した4つのコースで、より高度で深化した専門教育を実施

当研究科は前期2年・後期3年の博士課程で、ナノサイエンス専攻と情報科学専攻の2つの専攻によって構成されています。ナノテクノロジーおよびインフォメーションテクノロジーは、ともに21世紀に入り急速に進化・発展した科学技術であり、新しい学際領域の枠組みで扱われることを時代と社会は訴求しています。当研究科では学際的な教育研究によって、新たな学問分野を形成を図っています。

研究助成事業への参加により、社会の発展へ貢献する学問へと昇華

2つの専攻のスタッフは、グローバルCOEプログラム「有機エレクトロニクス高度化スクール」、大学院GPプログラム「ナノイメージング・エキスパートプログラム」に参加しています。このことはナノサイエンスと情報科学という2つの学問分野の融合が新しい学問の創生を予見させ、社会の発展に貢献していくことを期待されている証でもあります。