学部・大学院
Academics

看護学研究科

修士課程・博士前期課程・博士後期課程看護学研究科
Graduate School of Nursing

看護支援方法の研究・開発を行う「ナース・サイエンティスト」育成を目指す

看護学研究科では、看護師の行う実践活動に科学的根拠を与える基礎的理論とその応用を体系的に研究し、国民の健康生活を守ることのできる看護支援方法の研究・開発ができる「ナース・サイエンティスト」の育成を目指しています。そのための施策として看護学専攻(博士課程)と看護システム管理学専攻(修士課程)が置かれています。博士課程の専門領域は母性看護・小児看護・がん看護・老人看護の4領域で、前期課程終了後に専門看護師認定試験受験につながる単位を取得できます。また修士課程は看護管理にあたる現職の看護管理者を対象としており、変革的に行動する能力の開発を目標としています。

専 攻 看護学専攻、看護システム管理学専攻
所 在 亥鼻キャンパス 千葉市中央区亥鼻1-8-1
URL http://www.n.chiba-u.jp/

国立大学唯一にして日本最大規模の看護系大学院

看護学の学的基盤の充実発展に寄与する、国立大学唯一にして日本最大規模の看護学研究科です。看護師の行う実践の諸活動に科学的根拠を与える基礎的理論とその応用を体系的に教授研究し、国民の健康生活を守ることのできる看護支援方法の研究・開発が自立して推進できるナース・サイエンティストを育て、我が国の精神文化にふさわしいヒューマンケアの基礎を確立させることを目指しています。

博士前期・後期課程は援助技術の発展と看護学の学術的基盤の発展を目指す

看護学研究発展の長期的展望に立ち、看護専門職の行う援助技術の発展に直結した研究課題を重視しています。また看護学の学術的基盤を発展させるために、医学や保健学など健康科学の広範な領域の研究方法、さらには人文・社会科学系・自然科学系の研究方法の応用にも重点をおいており、研究領域の異なる複数の教員が研究の指導にあたります。なお看護実践の向上に資する研究を推進するため、臨床経験に配慮した教育課程となっています。

現職の看護管理者を対象とした独創的な修士課程

現職の看護管理者を対象とした、管理実践と学業の両立を前提とした教育課程となっています。「看護」を組織的・社会的に推進する人材の養成を理念とし、看護管理にあたる看護職者に対して保健医療福祉の変化の状況を俯瞰し、看護を通して新たな社会的価値を生み出す高度問題解決能力および変革的に行動できる能力の付与を目的としています。 そのため具体的な職場の問題を取り上げ、修士研究として課題研究を行います。