学部・大学院
Academics

理学研究院

博士前期課程・博士後期課程理学研究科
Graduate School of Science

優れた能力を持つ研究者・産業界のニーズに応える高度技術者の養成を目標に

理学研究科では学部から博士前期課程(2年)・後期課程(3年)と連続・一貫した方針のもとに教育が展開されており、高度化する各専門分野の教育と同時に、他分野にまで興味を持つ広い視野を持った教育への対応を行っております。本研究科の前期課程の修了者には修士(学術・理学)の学位が、後期課程の修了者には博士(学術・理学)の学位が授与されます。各専門領域において優れた能力を持つ研究者の養成を図るとともに、産業界のニーズに応える高度技術者の養成を目標とするのが本研究科の目的となっております。

専 攻 基盤理学専攻、地球生命圏科学専攻
所 在 西千葉キャンパス 千葉市稲毛区弥生町1-33
URL http://www.s.chiba-u.ac.jp/

学部教育と連動した5つのコースで、より高度で深化した専門教育を実施

当研究科では学部からの一貫した教育を実施することで、高度な専門教育への対応を図っております。そのため基盤理学専攻の3コース(数学・情報数理学、物理学、化学)と、地球生命圏科学専攻の2コース(生物学、地球科学)は、学部の5つの学科と連動した形で構成されており、より深い学びの成果が得られるように配慮したカリキュラムが組まれています。

研究活動の実績を重視した受入れ方針

学部からの一貫した教育体制を敷いている当研究科ではありますが、他大学の修了者でも特徴ある研究テーマをお持ちの方・研究に対する意欲の高い方を選抜して、積極的に受け入れています。特に後期課程ではすでに実社会で勤務する方であっても研究活動の評価を重視し、在職のまま受け入れを行っている実績があるほか、留学生も国際交流の見地から広く受け入れております。