Curio千葉大学コミュニケーションサイト

Curioについて

Curio基本方針

千葉大学校友会SNS「Curio」は、千葉大学校友会の事業として維持・運営されます。その目的は、地理的制約のないインターネットの上に全国各地(あるいは全世界)で活躍されている千葉大学の卒業生・在籍経験者(千葉大OB・OG)の皆さんが相互に交流できる場を設け、「千葉大学」を連結環とする人的ネットワーク千葉大コミュニティ)を形作っていくことにあります。

また「Curio」には、千葉大学を巣立っていこうとする在校生の皆さんにとっての重要な情報源となるという役割を果たすことも期待しています。在校生の皆さんは、「Curio」を通じて、豊富な知識や経験をもっていらっしゃる千葉大OB・OGの皆さんから、就職や学習・研究について様々な面で有益なアドバイスを得ることができるでしょう。また「Curio」は、ひとたびキャンパスから巣立たれた皆さんが、その後も千葉大学とのつながりを保っていくための場でもあります。

ただし「Curio」は、営利を目的とせずに千葉大学校友会が実施する事業です。この点で「Curio」と様々な商用SNSの間には質的な違いがあります。利用者が拡大しなければビジネスとして成立しない商用SNSとは異なり、「Curio」では利用者を増加させることを第一の目的とした運営は行いません。まず参加者の皆さんが安心して情報の交換を行うことができる環境を整え、その中で漸進的に参加者の拡大を図っていきたいと考えています。商用SNSでは実現することが困難になっているコミュニケーションの手段を提供することが、あえて千葉大学校友会がSNS「Curio」を構築・運営する理由です。

具体的には、「Curio」の中では参加者の皆さんに千葉大学在籍時の氏名で情報交換を行っていただきます。千葉大学という共通項をもつ参加者の皆さんによる人的ネットワークを作り上げるうえで、「名前」こそが最も有効な鍵になると考えていることが、在籍時の氏名での活動をお願いする理由です。ただ、他の参加者にご自分の氏名を示すことについて不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。そこで「Curio」でも、入会にあたって本人確認を行い、悪意をもった部外者が「Curio」の中に入り込むことを防止いたします。また、すでにSNSについて実績のある業者に日常的な運営を委託し、トラブルや不適切な行為に常時対応できる体制を整備いたします。セキュリティについて万全な方法はありませんが、可能な限り、「Curio」における安全性を高めるための努力を続けてまいります。

論文掲載

千葉大学コミュニケーションサイト
Curioへの登録はこちらから

今すぐ登録する

もっと詳しくはこちら

Curionの紹介