学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(国際コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15N47101 科目コード
Course Code
G15N471
授業の方法
Course Type
講義・演習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
前期 曜日・時限
Day & Period
集中
授業科目
Course Title

グローバル・スタディ・プログラム1

Global Study Program 1
副題
Subtitle
フィンランド・セイナヨキ応用科学大学との協働学習
担当教員
Instructor
五十嵐 洋己
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
  時間数
Total Hours
30 受入人数
Maximum Number of Students
15人程度
受講対象
Students for whom Course is Intended
自学部他学科(自研究科他専攻)  
Students of Other Departments
他学部(他研究科)
Students of Other Schools
科目等履修生
Non-degree Students
 
概要
Brief Description
This course is offered as a Collaborative Learning Abroad (CLA) subject within a joint project launched by Chiba University and our sister universities abroad, where students of different cultural backgrounds and specialties join in a collaborative effort to achieve the final goal while making adjustments for the differences in their languages, behavior and sense of values. In this academic year, it will be offered in the form of intensive workshop at Seinäjoki University of Applied Science in Finland during the month of September.

Students participating in this course are required to attend the pre-course education module, Global Study Program 11 (GSP11). At this time, the topic of GSP1 is "Transnational Migration of People," but it may change at a later date. Details about the content and structure (topic of study, timeline, schedule, etc.) will be provided during guidance sessions to be held in April 2015. The selection of the participants of GSP1 and GSP11 will follow the guidance sessions. The first session of GSP11 is planned for early to mid-May.

本授業は、千葉大学が学生交流協定を締結している海外の大学との協働(共同)学習プログラム(CLA Collaborative Learning Abroad)として実施する千葉大学生と協定大学の学生が協働で課題に取り組むことを通して、文化的背景や専門領域の異なる学生同士が連携して主体的に学び、言語や行動様式、価値観の違いを相互に調整しながら目的を達成する。 本授業は夏休業期間中の9月に協定大学のフィンランド・セイナヨキ応用科学大学でワークショップを実施する予定。

本授業の参加学生は、本授業の事前教育科目であるグローバル・スタディ・プログラム11(GSP11) の受講が必須である。現在、本授業のテーマは「国境を超える人の移動」であるが、変更の可能性がある。GSP1の最新のプログラムの詳細(授業テーマ、期間、授業スケジュール等)については平成27年4月のガイダンス等で説明をする。その後、応募・選考を経て4月中にGSP1とGSP11の受講者が決定する予定である。
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
・Students will gain new viewpoints on and a better understanding of their culture.
・Students will learn how to approach a task from different angles, and will gain the flexibility and logicality required when making a presentation for a global audience.
・Students will learn the ability to gather, process and disseminate information in English.

・自国についての新しい視点、より深い気づきを得る。
・複眼的、相対的、理論的思考力を高め、グローバル社会においての発信力を高める。
・アウトプット(表現)の方法を身に付け、インプット(学習)するモチベーションへとつなげる。
・英語で情報収集し発信できるようになる。
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
探究力
Exploration
技術力
Technique
 
情報力
Information
 
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
社会性
Sociability
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
生活力
Vitality
 
指導力
Leadership
 
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
This class uses a collaborative, student-centered, active learning method. We will combine lectures, discussion, group work, and presentation through collaborative effort of all students.

1. Pre-course education sessions (conducted in GSP11)
2. Workshop at Seinäjoki University of Applied Science, Finland (10-14 days during the summer break)
3. Post-course education session(s)
   1) Finalizing the workshop paper/essay
   2) Writing/submitting the completion-of-the-project report


ディスカッション、グループワーク、プレゼンテーションなどアクティブラーニングの手法を用いながら、参加者同士が積極的にコミュニケーションを行う協働学習を展開する。

1. 事前教育 (GSP11の授業で実施される)
2.フィンランド・セイナヨキ応用科学大学でのワークショップの実施 [夏休業期間中10日〜2週間]
3.事後教育
    1)研究発表のまとめ
    2)帰国報告書の作成
キーワード
Keywords
study abroad, collaborative learning, active learning
海外学習、協働学習、アクティブラーニング
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
Reading materials will be provided by the lecturer.
講読文献等は担当教員より提供される。
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
Participation in all activities relevant to the workshop is a prerequisite for assessment. Final presentation and report/essay will be assessed based on the participant’s individual effort and achievement.

事前事後教育を含む全てのプログラムに参加すること。 最終プレゼンテーションの内容と報告書、プログラム実施期間中におけるグループおよびクラスに対する貢献度などを総合して評価する。 
関連科目
Related Courses
Global Study Program 11, Global Project Work
グローバル・スタディ・プログラム11、グローバル・プロジェクト・ワーク
履修要件
Prerequisite
This course is to be taken in conjunction with GSP11.
GSP11も合わせて履修すること。
備考
Remarks
Classes and workshop activities will be conducted in English. The details of the topic will be advised through the guidance sessions in April, 2015, and through the website of Liberal Arts@CIRE
(http://cire-chiba-u.jp/liberal_arts/).

英語で授業を行う。 プログラムの課題、具体的内容はガイダンスやLiberal Arts@CIRE のホームページなどを通じて平成27年4月に案内する。
(http://cire-chiba-u.jp/liberal_arts/)