学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(国際コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15N47401 科目コード
Course Code
G15N474
授業の方法
Course Type
講義・演習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
前期 曜日・時限
Day & Period
月5
授業科目
Course Title

グローバル・プロジェクト・ワーク1

Global Project Work 1
副題
Subtitle
「日本」を英語でプレゼンする
担当教員
Instructor
小林 聡子,GAITANIDIS IOANNIS
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
  時間数
Total Hours
30 受入人数
Maximum Number of Students
20
教室等
Classroom
国セ演1
概要
Brief Description
日本の社会、文化、政治・経済、科学技術などさまざまな側面から日本を英語で紹介する資料を作成し、プレゼンテーションを行う授業です。自らテーマと内容を決め、それをどう紹介すれば文化的背景の異なる人々が理解しやすいかなど、参加学生間で議論を行いながら恊働で授業を進める。自国についての新しい視点、より深い気づきを得るだけでなく、複眼的、相対的、理論的思考力を高め、グローバル社会においての発信力を高めることを目的とする。
In this class the students will learn how to gather materials regarding contemporary Japan and present it in a logical and comprehensive manner in English. Students will work on individual topics including a variety of issues regarding Japanese society, economy or politics and science and technology. When preparing their presentations, students will also need to think how to best convey the content to people who have different cultural backgrounds and senses of values. Broad exchange of opinions and discussion will be encouraged during this process. It is envisaged that both basic presentation skills in English and multicultural communication skills will be acquired. Not only will students gain a new viewpoint on and a better understanding of his/her own culture from different angles, but they will also gain the flexibility and logicality required when making a presentation for global audience.
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
「ジャパニーズ・スタディーズ」は「日本」という事例を通して、「世界」を学ぶ、また「世界」を通して「日本」を学ぶという目的を持った科目である。日本についての基礎知識を学ぶだけでなく、自らの体験、自らの文化と照らし合わせて日本を見つめ直すことによって、様々な事象についての新しい視点、より深い気づきを得られることを目指している。
The aim of courses categorized under the rubric "Japanese Studies" is to teach about the world, using Japan as a case-study, and vice versa. In Japanese Studies courses we do not just provide students with foundational knowledge about Japanese culture and society, but we also offer an environment that allows students to reconsider their image of Japan by reflecting on their own experiences and cultures, and to acquire new perspectives and a deeper awareness of a variety of global phenomena.
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
 
探究力
Exploration
技術力
Technique
情報力
Information
 
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
社会性
Sociability
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
 
生活力
Vitality
 
指導力
Leadership
 
主体性
Independence
 
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
ディスカッション、グループワーク、プレゼンテーションなどアクティブラーニングの手法を用いながら、参加者同士が積極的にコミュニケーションを行う共同(協働)学習を展開する。 *授業の進行具合によってトピックの変更の可能性有り
This class uses a collaborative, student-centered, active learning method. We will combine lectures, discussion, group work, and presentation through collaborative effort of all students.

1回 Orientation/オリエンテーション
2回 Team building and resource finding/チームビルディング+資料探し
3回 Finding an angle/観点を見つける
4回 Brainstorming: Refining an idea/アイデアをしぼる
5回 1st presentation/初回プレゼン
6回 Presentation logic/論理性の改善(1)
7回 Making visual aids/見せ方の改善(1)
8回 Styling presentation/語り方の改善(1)
9回 Mid-presentation/中間プレゼン(1)
10回 Refining logic/論理性の改善(2)
11回 Refining visual/見せ方の改善(2)
12回 Refining style/語り方の改善(2)
13回 Mid-presentation/中間プレゼン(2)
14回 Final presentation/最終プレゼン
15回 Final reflection 振り返り
キーワード
Keywords
アクティブラーニング、現代日本、プレゼンテーションスキル、多文化コミュニケーション能力/active learning, contemporary Japan, presentation skills, multicultural communication skills
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
必要に応じてリーディングを配布予定 Occasional readings will be provided by the lecturer
授業のスライドとリーディングはmoodleにアップするLecture slides and readings will be uploaded on Moodle
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
全ての授業に参加すること。宿題、中間・最終プレゼンテーションの内容、学期中におけるグループおよびクラスに対する貢献度などを総合して評価する。
Participation in all activities relevant to the course is a prerequisite for assessment. Assignments and mid-/final presentation will be assessed based on the participant’s individual and collaborative effort and achievement.
備考
Remarks
The language of tuition is English. Teachers will make use of visual materials in order to help understanding
英語で授業を行うが、視覚資料などを用いて、授業の理解を助ける。
PDF 2015G15N47401.PDF