学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(国際コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15N48801 科目コード
Course Code
G15N488
授業の方法
Course Type
講義・演習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
前期 曜日・時限
Day & Period
月6
授業科目
Course Title

グローバル・スタディ・プログラム16

Global Study Program 6
副題
Subtitle
グローバル・スタディ・プログラム6の事前教育
担当教員
Instructor
GAITANIDIS IOANNIS
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
  時間数
Total Hours
30 受入人数
Maximum Number of Students
15名程度
概要
Brief Description
本授業、グローバル・スタディ・プログラム16(GSP16)、は、本年度夏に実施される集中授業(10日〜2週間程度)−−グローバル・スタディ・プログラム6(GSP6):ギリシャ・アリストテレス大学との協働学習−−の事前教育科目である。 GSP6参加の学生は本授業の受講が必須である。本授業はGSP6の集中授業の準備と事前学習を行うことを目的とし、以下の内容を網羅する:

1)GSP6のプログラムの概要
2)集中授業で行う日本文化紹介のプレゼンテーションの作成
3)授業テーマや協定校の国・地域に関する事前学習(協働学習や講義等)
4)GSP6開始前の最終確認

GSP6のプログラムの詳細(授業テーマ、期間、授業スケジュール等)については平成27年4月のガイダンス等で説明をする。その後、応募・選考を経て4月中にGSP6とGSP16の受講者が決定する予定である。GSP16の第1回目の授業の開催は5月上・中旬を予定している。

This course, Global Study Program 16 (GSP16) is the preparatory education module for Global Study Program 6: A Collaborative Learning Program with Aristotle University of Thessaloniki (Greece), a workshop-intensive course that is to be held for a period of 10 days to 2 weeks during the summer season.
GSP16 includes the following components:

1) Orientation about GSP6
2) Work on a group presentation about contemporary Japanese culture and society to be performed during the collaborative learning program GSP6
3) Lectures and collaborative learning activities related to the topic of study of GSP6, and to general knowledge about the region in which the partner university in located (Greece).
4) Last verifications before the start of GSP6.

Details about the content and structure (topic of study, timeline, schedule, etc.) will be provided during guidance sessions to be held in April 2015. The selection of the participants of GSP6 and GSP16 will follow the guidance sessions. The first session of GSP16 is planned for early to mid-May.
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
・GSP6のトピックについての学際的かつ基礎的知識を取得する。
・自国についての新しい視点、より深い気づきを得る。
・複眼的、相対的、理論的思考力を高め、グローバル社会においての発信力を高める。
・アウトプット(表現)の方法を身に付け、インプット(学習)するモチベーションへとつなげる。
・英語で情報収集し発信できるようになる。

・Students will gain basic and interdisciplinary knowledge about the topic set for GSP6.
・Students will gain new viewpoints on and a better understanding of their culture and of the partner university's culture.
・Students will learn how to approach a task from different angles, and will gain the flexibility and logicality required when making a presentation for a global audience.
・Students will learn the ability to gather, process and disseminate information in English.
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
探究力
Exploration
技術力
Technique
 
情報力
Information
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
 
社会性
Sociability
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
生活力
Vitality
指導力
Leadership
 
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
ディスカッション、グループワーク、プレゼンテーションなどアクティブラーニングの手法を用いながら、参加者同士が積極的にコミュニケーションを行う協働学習を展開する。

本授業は5月上旬から中旬より始まる予定であるため、隔週15回開催される通常授業の形態を取らない。GSP6の開催時期が8月を予定しているため、夏季休業中にも授業が開催される可能性がある。授業内容は変わりうるが、以下の内容を網羅する予定である:

・GSP6のプログラムの概要について(1回)
・日本文化紹介の発表の作成(3-5回程度)
・GSP6の授業テーマに関する事前学習(5-7回程度)
・GSP6開始前の最終確認(1回)


This class uses a collaborative, student-centered, active learning method. We will combine lectures, discussion, group work, and presentation through collaborative effort of all students.

This course is planned to begin in early May. For this reason, it is not composed of 15 regular weekly classes. In addition, considering that GSP6 is to be held in August, GSP16 classes may take place during the month of August too. A provisional outline of the structure of the course is provided below.

・Orientation about GSP6 (1 class)
・Work on a presentation about contemporary Japanese culture and society (3-5 classes)
・Preparatory education about the topic of study of GSP6 (5-7 classes)
・Crisis management seminar (1 class)
・Last verifications before the start of GSP6 (1 class)
キーワード
Keywords
collaborative learning, active learning
協働学習、アクティブラーニング
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
授業に関連する資料は随時提供される。
All necessary materials will be provided in class.
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
本授業において参加学生は様々な協働学習に積極的に参加することが必須であり、多角的な視点―1)自己、2)グループメンバー、3)教員―で評価を受ける。

評価対象となる協働学習のアクティビティの例は以下の通りである:
・日本文化紹介のプレゼンテーションの作成
・授業テーマに関するレポート作成等

It is expected that all participant students will be actively involved in various collaborative learning activities. Student evaluation will be considered from multiple perspectives, and be based on a combination of self-evaluation, peer-evaluation, and teacher evaluation.
Collaborative activities that will be subject to grading include:
・Work on a presentation about contemporary Japanese culture and society
・Preparatory report about the topic of GSP6.
関連科目
Related Courses
GSP6, Global Project Work
履修要件
Prerequisite
GSP6も履修すること. It is a requirement to register for GSP6 too.
備考
Remarks
1. 英語と日本語で授業を行う。 授業の具体的内容は普遍教育の掲示板などを通じて平成27年4月に告知する。また、ガイダンスの日時は国際教育センターのホームページでも案内する。 http://www.international.chiba-u.ac.jp/
2. GSP6参加の学生は本授業の受講が必須である。
3. 現在GSP6の授業テーマは「人と建物」であるが、この授業テーマは変わる可能性がある。詳細はガイダンス等で説明を行う。

1. Classes and workshop activities will be conducted in Japanese and English. The details of the schedule will be advised through the website http://cire-chiba-u.jp/liberal_arts/ in April, 2015. The schedule of the guidance will also be available on the same website from mid-March.
2. All students wishing to register for GSP6 are required to register for GSP16 too.
3. The tentative course topic of GSP6 is “People and Buildings,” but it is subject to change.