学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(国際コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15N60201 科目コード
Course Code
G15N602
授業の方法
Course Type
講義・演習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
後期 曜日・時限
Day & Period
木5
授業科目
Course Title

ジャパニーズスタディーズ2

Japanese Studies 2
副題
Subtitle
A Cultural Perspective on Health and Healthcare / 文化的側面からみた健康と医療
担当教員
Instructor
GAITANIDIS IOANNIS
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
  時間数
Total Hours
30 受入人数
Maximum Number of Students
20名
教室等
Classroom
国セ演1
概要
Brief Description
Students taking this course will have the chance to learn about the ways culture, society and politics influence conceptions of beauty and of a healthy lifestyle, the diagnosis of illness, and the experience of disease and death in contemporary Japan. They will also engage in comparisons with non-Japanese case studies in order to understand the way our sociocultural environment influences to a significant degree how we choose to define fundamental concepts such as “health” and “illness”
本科目は「現代日本」という事例を通して、現代文化・社会・政治が「美」、「健康的な生活」、「病気」、「死」などに対してのわれわれの経験に如何に影響を与えているかということについて考える場とする。また、海外からのケースとの比較を経て、「健康」と「病い」の定義が、文化・社会環境によって、どの程度構成されているか気づくことも目的とする。
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
The aim of courses categorized under the rubric "Japanese Studies" is to teach about the world, using Japan as a case-study. In Japanese Studies courses we do not just provide students with foundational knowledge about Japanese culture and society, but we also offer an environment that allows students to reconsider their image of Japan by reflecting on their own experiences and cultures, and to acquire new perspectives and a deeper awareness of a variety of global phenomena.
「ジャパニーズ・スタディーズ」は「日本」という事例を通して、「世界」を学ぶという目的を持った科目である。日本についての基礎知識を学ぶだけでなく、自らの体験、自らの文化と照らし合わせて日本を見つめ直すことによって、様々な事象についての新しい視点、より深い気づきを得ることを目指している。
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
探究力
Exploration
技術力
Technique
 
情報力
Information
 
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
 
社会性
Sociability
 
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
 
生活力
Vitality
指導力
Leadership
 
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
Classes will combine case studies, discussion, group work and active learning through the collaborative effort of all students.
ディスカッション、グループワーク、ケーススタディなどアクティブラーニングの手法を用いながら、参加者同士が積極的にコミュニケーションを行う共同(協働)学習を展開する。

1回 Introduction / イントロ
2回 Working out / フィットネス
3回 Beauty / 美
4回 Pregnancy / 妊婦
5回 Blood / 血
6回 Menopause / 更年期
7回 Workshop (1)
8回 Disability / 障害
9回 Industrial diseases / 公害病
10回 Alcoholism / アルコール中毒
11回 Social withdrawal / 社会性退行
12回 Depression / 鬱病
13回 Workshop (2)
14回 Presentations / 概念図の発表
15回 Presentations / 概念図の発表
キーワード
Keywords
medical anthropology 医療人類学, health care system 医療制度, disease and illness 疾病と病い, conceptual diagram 概念図
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
Bi-weekly readings (max. 10 pages) will be provided by the lecturer.
隔週、10頁ほどのリーディング(英語文献)を配布予定。

Powerpoint slides and hints (in Japanese) to help understand the readings will be uploaded on moodle every week.
授業のパワポとリーディングの理解を助けるためのヒント一覧(日本語)がmoodleにアップされる予定。
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
Class participation 授業参加 (積極的に参加すること。3回以上の欠席を認めない)30%

Conceptual diagram 概念図の作成 (本科目の内容を自分なりにまとめた図) 40%

Annotated bibliography of course readings 文献解題 (隔週で配ったリーディングの100語以内の解説) 30%
備考
Remarks
The language of tuition is English. The teacher will make use of visual materials in order to help understanding.
英語で授業を行うが、視覚資料やリーディングの日本語での解説などを用いて、授業の理解を助ける。

I welcome particularly students who are interested in matters related to health and health-care.
健康・医療に興味がある学生、大歓迎。