学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(国際コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15N60501 科目コード
Course Code
G15N605
授業の方法
Course Type
講義・演習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
後期 曜日・時限
Day & Period
月3
授業科目
Course Title

ジャパニーズスタディーズ5

Japanese Studies 5
副題
Subtitle
グローバル化の中の日本の社会と文化2: Globalizing Japan: Society and Culture 2
担当教員
Instructor
五十嵐 洋己
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
  時間数
Total Hours
30 受入人数
Maximum Number of Students
20名(演習授業のため)
受講対象
Students for whom Course is Intended
自学部他学科(自研究科他専攻)  
Students of Other Departments
他学部(他研究科)
Students of Other Schools
科目等履修生
Non-degree Students
教室等
Classroom
国セ演1
概要
Brief Description
日本社会はしばしば、「伝統的」、または「都会的」、「クール」または「奇妙」、そして「単一的」はたは「多様」と捉えられる。何が「本当の」日本社会の姿なのだろうか?この入門授業では、様々な側面の現代日本社会を社会学的に概説し、地理的、世代的、制度的、社会的規範等がどのように日常の日本の人々の思考や行為に影響を与えているのかについて考察する。また、そのような社会的規範や制度がグローバル化等の影響によりどのように変容しているのかについても焦点を当てる。本授業では以下のトピックについて考察する:家族とジェンダー、人種/エスニシティ、エリート、大衆文化、市民社会

Japanese society is often described as a traditional or urban, cool or strange, and homogeneous or diverse. What is a "real" picture of Japanese society? This introductory course reviews various domains of contemporary Japanese society from a sociological perspective. We will examine how demographic characteristics and social norms and institutions have shaped the ways people in Japan think and interact in everyday settings. We will also focus on how these norms and institutions have been transformed due to various effects of globalization. This course covers the following topics: gender and family, race/ethnicity, elites, popular culture, and civil society.
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
「ジャパニーズ・スタディーズ」は「日本」という事例を通して、「世界」を学ぶという目的を持った科目である。日本についての基礎知識を学ぶだけでなく、自らの体験、自らの文化と照らし合わせて日本を見つめ直すことによって、様々な事象についての新しい視点、より深い気づきを得られることを目指している。

The aim of courses categorized under the rubric "Japanese Studies" is to teach about the world, using Japan as a case-study. In Japanese Studies courses we do not just provide students with foundational knowledge about Japanese culture and society, but we also offer an environment that allows students to reconsider their image of Japan by reflecting on their own experiences and cultures, and to acquire new perspectives and a deeper awareness of a variety of global phenomena.
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
探究力
Exploration
技術力
Technique
 
情報力
Information
 
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
 
社会性
Sociability
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
 
生活力
Vitality
 
指導力
Leadership
 
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
ディスカッション、グループワーク、プレゼンテーションなどアクティブラーニングの手法を用いながら、参加者同士が積極的にコミュニケーションを行う共同(協働)学習を展開する。 *授業の進行具合によってトピックの変更の可能性有り
This class uses a collaborative, student-centered, active learning method. We will combine lectures, discussion, group work, and presentation through collaborative effort of all students.

1回 Orientation/オリエンテーション
2回 Gender Stratification and the Family System 1 / ジェンダーによる階層と家族システム1
3回 Gender Stratification and the Family System 2 / ジェンダーによる階層と家族システム2
4回 Gender Stratification and the Family System 3 / ジェンダーによる階層と家族システム3
5回 "Japaneseness", Ethnicity, and Minority Groups 1 / "日本人らしさ"・エスニシティ・マイノリティグループ1
6回 "Japaneseness", Ethnicity, and Minority Groups 2 / "日本人らしさ"・エスニシティ・マイノリティグループ2
7回 "Japaneseness", Ethnicity, and Minority Groups 3 / "日本人らしさ"・エスニシティ・マイノリティグループ3
8回 Collusion and Competition in the Establishment 1 / 支配者による衝突と競争1
9回 Collusion and Competition in the Establishment 2 / 支配者による衝突と競争2
10回 Popular Culture and Everyday Life 1 / 大衆文化と日常1
11回 Popular Culture and Everyday Life 2 / 大衆文化と日常2
12回 Civil Society and Friendly Authoritarianism 1 / 市民社会と友好的権威主義1
13回 Civil Society and Friendly Authoritarianism 2 / 市民社会と友好的権威主義22
14回 Final group presentation / 最終グループプレゼン
15回 Review / 振り返り
キーワード
Keywords
日本社会、日本学、家族とジェンダー、人種/エスニシティ、エリート、大衆文化、市民社会、Japanese society, Japanese studies, family and gender, race/ethnicity, elites, popular culture, civil society
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
教科書(Textbook):
Sugimoto, Yoshio. 2010. An Introduction to Japanese Society. Cambridge, UK: Cambridge University Press.

その他のリーディングも随時配布予定
Other readings will be also provided.
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
評価方法は以下の基準に基づく:
1. 出席:20%(4回以上欠席した場合は不可とみなす)
2. 授業のアクティビティへの参加:20%
3. 隔週のリアクションペーパー:40%
4. 最終グループプレゼン: 20%
*初回授業にてそれぞれの評価方法の詳細を説明する。

The grading criteria of this course is as follows:
1. Attendance: 20% (You will fail this course if you miss 4 classes and more)
2. Class participation: 20%
3. Bi-Weekly reaction papers: 40%
4. Final group presentation: 10%
* The details of each grading criteria will be explained by the instructor on the first day of class.
関連科目
Related Courses
ジャパニーズスタディーズ1
Japanese Studies 1
備考
Remarks
1. 本授業は英語で行われる。
2. 前期に開講されるJapanese Studies 1は本授業の前編に位置付く授業なので、学生はその授業も合わせて受講することを奨める。

1. The instruction language is English.
2. As Japanese Studies 1, offered in the first (spring) semester, is a continuation of this course, students are encouraged to take the course as well.