学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(国際コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15N61401 科目コード
Course Code
G15N614
授業の方法
Course Type
講義・演習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
前期 曜日・時限
Day & Period
水3
授業科目
Course Title

ジャパニーズスタディーズ14

Japanese Studies 14
副題
Subtitle
異文化間コミュニケーション-二言語併用
担当教員
Instructor
Rオーリ
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
  時間数
Total Hours
15回 受入人数
Maximum Number of Students
20−25人
教室等
Classroom
国セ大講
概要
Brief Description
This course aims to create an in-depth awareness about the major issues involved in intercultural communication while emphasising its importance in the Japanese context. By taking an insightful look at different cultural norms introduced in the class, students will get hands-on experience of what it is like to communicate with people from different cultural background in real life.この授業は、異文化理解や異文化コミュニケーションに関する様々な概念について考え、学生同士(日本人学生、留学生)の対話を通して自文化や自国についての新しい視点、より深い気付きを得ることを目的とする。
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
The aim of courses categorized under the rubric "Japanese Studies" is to teach about the world, using Japan as a case-study. In Japanese Studies courses we do not just provide students with foundational knowledge about Japanese culture and society, but we also offer an environment that allows students to reconsider their image of Japan by reflecting on their own experiences and cultures, and to acquire new perspectives and a deeper awareness of a variety of global phenomena. Upon sucessful completion of this course, students will be able to, 1) critically evaluate their own intercultural competence, 2) reflect on how cultural norms differ, 3) develop communicative competence for working and studying effectively and confidently in a range of multicultural situations and, 4) understand how to minimize misunderstandings and miscommunication in a multicultural and/or multilingual context. 「ジャパニーズ・スタディーズ」は「日本」という事例を通して、「世界」を学ぶという目的を持った科目です。日本についての基礎知識を学ぶだけでなく、自らの体験、自らの文化と照らし合わせて日本を見つめ直すことによって、様々な事象についての新しい視点、より深い気づきを得られることを目指しています。15回のコースを通して学生は、1)自分のコミュニケーション能力を批判的に評価できるようになる。2)文化的差異について考えるようになる。3)国際社会の中でのコミュニケーション能力が身に付き、ミスコミュニケーションを回避できるようになる。言うまでもないが、二言語併用ゼミなので、英語で情報収集し、発信できるようになる。
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
探究力
Exploration
技術力
Technique
情報力
Information
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
社会性
Sociability
自然観
View of Nature
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
生活力
Vitality
指導力
Leadership
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
1回 Orientation and course introduction オリエンテーション、コースの紹介
2回 Multiethnic Japan: A comparative study of Japan and Australia日本の多言語化・多文化化:オーストラリアと日本の比較
3回 Communication, Culture and Self 自己、文化、コミュニケーション
4回 Culture Shock, Identity Crisis 文化的ショック、 アイデンティティの危機
5回 Non-verbal Communication 非言語行動
6回 Comparing non-verbal Communication across cultures 非言語行動: 他文化との比較を通して非言語行動を考える
7回 Why does 'difference' matter? 「差異」は何故必要か
8回 What is Ethnocentrism? 自文化中心主義、文化相対主義
9回 The development and effects of Stereotypes ステレオタイプの構築、脱構築
10回 Prejudice 偏見
11回 Identity and Racism: Case of Mario Balotelli サッカー選手のバロテリを通してアイデンティティと人種差別について考える
12回 Discrimination and Racism in Japan 日本における偏見や人種差別につて考える
13回 Summary of the semester, Q and A, Discussion on the topics covered ゼミの振り返り、質疑応答、ディスカッション
14回 Presentations 学生プレゼン
15回 Presentations 学生プレゼン
キーワード
Keywords
Culture, Ethnocentrism, Stereotypes, Identity, Prejudice, Discrimination, Racism。文化、自文化中心主義、ステレオタイプ、アイデンティティ、偏見、差別、人種主義
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
Will distribute power point slides, relevant research papers, worksheets, comment sheets
参考書は千葉大附属図書館内の授業資料ナビコーナーを参照。
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
Mid-term report or presentation 25%, End-term report or presentation 25%, class participation 30%, attendance 20%
備考
Remarks
The languages of tuition will be both English and Japanese.
受講者の言語能力、文化的背景、予備知識を補い合うために二言語(英語・日本語)を併用する。