学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(国際コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15N61601 科目コード
Course Code
G15N616
授業の方法
Course Type
講義・演習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
前期 曜日・時限
Day & Period
木5
授業科目
Course Title

ジャパニーズスタディーズ16

Japanese Studies 16
副題
Subtitle
Television Literacy テレビリテラシー
担当教員
Instructor
GAITANIDIS IOANNIS
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
  時間数
Total Hours
30 受入人数
Maximum Number of Students
20名
教室等
Classroom
国セ演1
概要
Brief Description
テレビは社会を見わたせる窓であるとよく言われる。この科目では日本のテレビで見ることができるプログラムの多様性・多元性を検討しながら、日本の文化と社会を考えるつもりである。ハリウッドスターが登場するCMから、数えられないぐらい多くの芸能人がからかいあうトークショーなどのような、特徴的な番組が日本の社会や文化の一部を反映しているといえるかもしれないが、このコースではそのようなテーマを経由し、日本についての知識を深めるチャンスを提供するだけではなく、ポストモダン社会における人とメディアの関係を考察することを目指している。
Television is often described as a window on the society that it depicts and by which it is produced. This course provides an introduction to the workings of the Japanese television industry and to the variety of shows that it offers to its audience. From the Hollywood stars-filled commercials to the throngs of personalities (geinōjin) being made fun of on a daily basis, a study of Japanese TV presents a unique opportunity to learn about contemporary Japanese culture and society, and to reconsider the role of media in post-modern societies.
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
「ジャパニーズ・スタディーズ」は「日本」という事例を通して、「世界」を学ぶという目的を持った科目である。日本についての基礎知識を学ぶだけでなく、自らの体験、自らの文化と照らし合わせて日本を見つめ直すことによって、様々な事象についての新しい視点、より深い気づきを得ることを目指している。
The aim of courses categorized under the rubric "Japanese Studies" is to teach about the world, using Japan as a case-study. In Japanese Studies courses we do not just provide students with foundational knowledge about Japanese culture and society, but we also offer an environment that allows students to reconsider their image of Japan by reflecting on their own experiences and cultures, and to acquire new perspectives and a deeper awareness of a variety of global phenomena.
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
探究力
Exploration
技術力
Technique
 
情報力
Information
 
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
 
社会性
Sociability
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
 
生活力
Vitality
指導力
Leadership
 
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
Classes will combine case studies, discussion, group work and active learning through the collaborative effort of all students.
ディスカッション、グループワーク、ケーススタディなどアクティブラーニングの手法を用いながら、参加者同士が積極的にコミュニケーションを行う共同(協働)学習を展開する。

1回 Introduction / イントロ
2回 Television in Japan / 日本における「テレビ」
3回 News Programs / ニュース番組(1)
4回 News Programs / ニュース番組(2)
5回 Commercials (1)
6回 Commercials (2)
7回 Talk Shows, Variety Programs / バラエティー(1)
8回 Talk Shows, Variety Programs / バラエティー(2)
9回 TV Series / ドラマ(1)
10回 TV Series / ドラマ(2)
11回 Travel and Gourmet Programs / 旅・グルメ番組(1)
12回 Travel and Gourmet Programs / 旅・グルメ番組(2)
13回 Individual Guidance / 個別指導
14回 Student presentations of portfolios / ポートフォリオの発表会
15回 Student presentations of portfolios / ポートフォリオの発表会
キーワード
Keywords
Media Studies メディア学・研究、TV as Culture 文化としての「テレビ」、postmodern culture ポストモダン文化、portofolio ポートフォリオ
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
Powerpoint slides and readings in both English and Japanese will be uploaded on moodle every week.
授業のパワポとリーディング(日本語・英語)がmoodleにアップされる予定。
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
Class participation 授業参加 (積極的に参加すること。3回以上の欠席を認めない)30%

Bi-weekly report on specific TV program 現在放送中の番組を分析した隔週のレポートの提出 40%

Portfolio of Japanese television 日本のテレビを紹介するポートフォリオ 30%
備考
Remarks
●授業中は、テレビ映像をみるよりもテレビについてディスカッションすることに集中しますので、日本のテレビを見ることのできる学生限定の科目です!
Students taking this course need to be able to watch Japanese television at home, because class time is mostly spent discussing about, rather than watching, Japanese television!
●受講者の言語能力、文化的背景、予備知識を補い合うために二言語(英語・日本語)を併用します。
In order to cater for students of different linguistic and cultural backgrounds, who have different levels of either English or Japanese proficiency as well as different entry-level knowledge on the subject, the languages of tuition will be both English and Japanese.