学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(千葉大の環境)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15R03101 科目コード
Course Code
G15R031
授業の方法
Course Type
講義・実習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
通期 隔週1・3 曜日・時限
Day & Period
火6
授業科目
Course Title

環境マネジメントシステム実習I

Environmental Management System - Practical Training I
担当教員
Instructor
倉阪 秀史
受講対象
Students for whom Course is Intended
自学部他学科(自研究科他専攻)  
Students of Other Departments
他学部(他研究科)
Students of Other Schools
 
科目等履修生
Non-degree Students
 
教室等
Classroom
C11
概要
Brief Description
環境ISOの内容や内部監査の手法について講義するとともに、書類作成実習、内部監査実習、内部研修講師の実習などを行います。 
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
千葉大学では、大学の環境マネジメントシステムの運用にあたって、学生が、大学の環境ISO事務局の業務を実習できるというしくみを導入しています。たとえば、学生や教職員へのガイダンスの講師、研究室や事務室の内部監査チームへの参加、各種書類の原案の作成などを、学生が行うことができます。この講義は、このような業務を行うことができるように、基礎的な知識を伝達し、いろいろな研修を行うものです。幅広い学生の参加を期待しています。 初回講義は4月14日、第2回目講義は4月21日です。
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
 
探究力
Exploration
 
技術力
Technique
 
情報力
Information
批判力
Critical Thinking
 
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
 
実践力
Practice
社会性
Sociability
 
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
 
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
 
地域力
Community Oriented Attitude
 
生活力
Vitality
 
指導力
Leadership
 
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
第1回 講義プランの解説 環境ISOの解説 環境ISO学生委員会の解説
第2回 千葉大学での環境エネルギーマネジメントの課題
第3回 ISOマネジメント規格の意義
第4回 千葉大学環境エネルギーマネジメントマニュアルの内容(前半)
第5回 千葉大学環境エネルギーマネジメントマニュアルの内容(後半)
第6回 省エネイベント夜の部・外部講師を招いたシンポジウム
第7回 仕事の進め方
第8回 前期末テスト・復習
第9回 環境規制の内容とその順守手順
第10回 千葉大学環境目的・環境目標・実施計画の内容
第11回 ワークショップの進め方(その1)
第12回 ワークショップの進め方(その2)
第13回 内部監査の進め方
第14回 模擬内部監査
第15回 基礎研修講師研修・復習テストと解説
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
実習Tのために作成した教科書またはプリントを配布する予定です。 
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
講義などへの出席点、期末試験点で評価します。
関連科目
Related Courses
環境マネジメントシステム実習II (実習IIでは、内部研修講師、内部監査などの実務を行います。実習IIを受講するためには、実習Iの単位取得が必要となります。)
環境マネジメントシステム実習III (実習IIIは、外部の団体などへのインターンシップ科目です。実習IIIを受講するためには、実習IIの単位取得が必要となります。)
備考
Remarks
千葉大学環境ISO学生委員会については、http://env.chiba-univ.net/ を参照。なお、実習I、実習II、実習IIIは、法政経学部専門教育科目としても開講されます。法政経学部生以外の学部生は、こちらの授業コードで受講してください。 法政経学部生は、法政経学部専門教育科目として受講して下さい。