学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(地域コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15U02501 科目コード
Course Code
G15U025
授業の方法
Course Type
実習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
後期 曜日・時限
Day & Period
月4
授業科目
Course Title

伝統文化をつくるB

Producing Kyogen-Japanese traditional performing art B
副題
Subtitle
創作狂言の企画・制作・上演
担当教員
Instructor
兼岡 理恵,柴 佳世乃,小笠原 匡
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
1〜4年/後期(一部変則) 時間数
Total Hours
30 受入人数
Maximum Number of Students
40名程度
受講対象
Students for whom Course is Intended
自学部他学科(自研究科他専攻)  
Students of Other Departments
他学部(他研究科)
Students of Other Schools
科目等履修生
Non-degree Students
 
教室等
Classroom
D53
概要
Brief Description
千葉県市川市に伝わる「八幡の藪知らず」伝承をもとに、創作狂言を作成します。プロの狂言師の指導のもと、伝統芸能を学びつつ、舞台実現に向けて台本作りや小道具作成をします。
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
千葉の伝説を調査・考察することを通じて、房総に生きる文化を重層的に理解することを目指します。また、伝統芸能たる狂言を学びつつ、創作狂言として舞台化することを通じて、新たな創造力をも培っていきます。
「伝統文化をつくる」はAとBの二つに分かれていますが、これら授業での目標は創作狂言の舞台を成功させることです。多くの人々に喜ばれる舞台をつくるために、さまざまなことを学び、実践していく力を養います。
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
探究力
Exploration
技術力
Technique
 
情報力
Information
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
社会性
Sociability
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
生活力
Vitality
指導力
Leadership
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
房総文化の「過去・現在・未来」を創作狂言の舞台を通じて発信していく授業です。
Bでは、プロの狂言師の指導のもと、狂言とは何か、をまず学びます。さらに、狂言の台本の基礎となる伝説を調べて台本作りを行うとともに、舞台に用いる衣装や小道具を作成します。また、舞台実現に向けてのさまざまな営みを共に考え、実践していきます。
予定している授業内容は以下のようなことです。
 1. 伝統芸能たる狂言について学ぶ。
 2. 伝説の内容、その拡がりについて調査し、理解を深める。
 3. 狂言の舞台を理解し、その面白さを台本に反映していく。
 4. 狂言の小道具や衣装について学び、公演に用いる小道具・衣装を作成する。
 5. 舞台化に向けての営み(宣伝活動や舞台当日の役割など)について考え、実践していく。
 6. 公演を成功させる!
キーワード
Keywords
伝統文化、狂言、芸能、公演、房総、千葉、伝説、「八幡の藪知らず」伝承、観光資源
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
参考書:小林責監修・油谷光雄編『狂言ハンドブック改訂版』(三省堂、2000年)。
その他は授業中に指示する。
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
詳細については授業時に説明します。基本的に、平常点(授業参加の態度、舞台に向けての作業)と課題レポートを総合して評価する予定です。
関連科目
Related Courses
前期・月曜4限「伝統文化をつくるA」(小林伸一、柴佳世乃、兼岡理恵)
履修要件
Prerequisite
「伝統文化をつくるA」と一連の授業であるため、連続履修してください。
「実習」による作業が多くなるので、積極的に参加する姿勢(欠席・遅刻をしない)が求められます。
月曜4限を中心に授業を行いますが、一部変則的な開講日程(集中講義など)が予定されています。なお、詳しくは、前期月曜4限「伝統文化をつくるA」第1回授業時に説明します。
備考
Remarks
授業を担当するのは、小笠原匡(和泉流狂言師)です。授業世話人は柴佳世乃(文学部、中世文学)・兼岡理恵(同、古代文学)です。
「伝統文化をつくるA・B」は、本年12月13日(日)(於:千葉県文化会館)に上演される創作狂言「八幡の藪知らず(仮題)」(千葉県文化振興財団主催)を制作していくものです。普通では味わえない、体験参加型の授業です。ぜひ共に学びましょう。