学科(専攻)・科目の種別等
Department/Division

教養展開科目(地域コア関連)
・・・・・・・・・・・・・・・
授業コード
Class Code
G15U02601 科目コード
Course Code
G15U026
授業の方法
Course Type
実習 単位数
Credits
2
期別
Semester Offered
後期 曜日・時限
Day & Period
集中
授業科目
Course Title

伝統文化をつくるC

副題
Subtitle
創作狂言の企画・制作・上演
担当教員
Instructor
兼岡 理恵,柴 佳世乃
履修年次/セメスター
Students' Year/Semester to take the Course
1〜4年/後期(一部変則) 時間数
Total Hours
30 受入人数
Maximum Number of Students
40名程度
受講対象
Students for whom Course is Intended
自学部他学科(自研究科他専攻)  
Students of Other Departments
他学部(他研究科)
Students of Other Schools
科目等履修生
Non-degree Students
 
伝統文化をつくるA,Bを履修した学生
概要
Brief Description
千葉県市川市に伝わる「八幡の藪知らず」伝承をもとに、創作狂言を作成します。プロの狂言師の指導のもと、伝統芸能を学びつつ、舞台実現に向けて台本作りやポスター、チラシ、パンフレットの作成や宣伝活動、パネル展示などを行います。
目的・目標
Objectives and Goals

15 Core Competencies for General Education
千葉の伝説を調査・考察することを通じて、房総に生きる文化を重層的に理解することを目指します。また、伝統芸能たる狂言を学びつつ、創作狂言として舞台化することを通じて、新たな創造力をも培っていきます。
「伝統文化をつくる」はAとBの二つに分かれていますが、これら授業での目標は創作狂言の舞台を成功させることです。多くの人々に喜ばれる舞台をつくるために、さまざまなことを学び、実践していく力を養います。
1_知へのいざない
Introduction to Knowledge
知識力
Knowledge
探究力
Exploration
技術力
Technique
 
情報力
Information
批判力
Critical Thinking
2_人間のふるまい
Human Behavior
倫理観
Ethics
実践力
Practice
社会性
Sociability
自然観
View of Nature
 
創造性
Creativity
3_社会とのかかわり
Social Engagement
国際力
Global Attitude
地域力
Community Oriented Attitude
生活力
Vitality
指導力
Leadership
主体性
Independence
授業計画・授業内容
Course Plans and Contents
房総文化の「過去・現在・未来」を創作狂言の舞台を通じて発信していく授業です。
Aでは、狂言の台本の基礎となる伝説を調べるとともに、ポスター、チラシ、パンフレットの制作や宣伝活動、パネル展示などを行います。またBでは、プロの狂言師の指導のもと、狂言とは何か、をまず学びます。さらに狂言の台本の基礎となる伝説を調べて台本作りを行うとともに、舞台に用いる衣装や小道具を作成します。舞台実現に向けてのさまざまな営みを共に考え、実践していきます。
予定している授業内容は以下のようなことです。
1. 伝統芸能たる狂言について学ぶ。
2. 事業の企画から広報、実施までの基本的な流れを学ぶ。
3. 伝説の内容、その拡がりについて調査し、理解を深める。
4. 創作狂言の内容を理解し、その面白さを宣伝物(チラシなど)として伝えていく。
5. 狂言の小道具や衣装について学び、公演に用いる小道具・衣装を作成する。
6. 舞台化に向けての営み(宣伝活動やパネル展示、舞台当日の役割など)について考え、実践していく。
7. 公演を成功させる!
キーワード
Keywords
伝統文化、狂言、芸能、公演、房総、千葉、伝説、「八幡の藪知らず」伝承、観光資源
教科書・参考書
Textbooks/Reference Books
参考書:小林責監修・油谷光雄編『狂言ハンドブック改訂版』(三省堂、2000年)。
その他は授業中に指示する。
評価方法・基準
Evaluation Procedures and Criteria
詳細については授業時に説明します。基本的に、平常点(授業参加の態度、狂言舞台に向けての作業)と課題レポートを総合して評価する予定です。
関連科目
Related Courses
前・後期、月曜4限「伝統文化をつくるA・B」(小林伸一、小笠原匡、柴佳世乃、兼岡理恵)
履修要件
Prerequisite
昨年度までに「伝統文化をつくるA・B」を受講した者のみ、Cを履修することが出来ます。
「伝統文化をつくるA・B」と一連の授業です。
「実習」による作業が多くなるので、積極的に参加する姿勢(欠席・遅刻をしない)が求められます。
一部変則的な開講日程(集中講義など)が予定されていますが、前期月曜4限「伝統文化をつくるA」第1回授業時に説明します。
備考
Remarks
授業を担当するのは、小林伸一(千葉県文化振興財団)、小笠原匡(和泉流狂言師)です。授業世話人は柴佳世乃(文学部、中世文学)・兼岡理恵(同、古代文学)です。
「伝統文化をつくるA・B」は、本年12月13日(日)(於:千葉県文化会館)に上演される創作狂言「八幡の藪知らず(仮題)」(千葉県文化振興財団主催)を制作していくものです。普通では味わえない、体験参加型の授業です。ぜひ共に学びましょう。