(平成29年12月1日制定)
改正
平成30年4月1日制定
平成31年4月1日
令和3年4月1日
目次
第1章 総則(第1条・第2条)
第2章 任免
第1節 昇任及び降任(第3条・第4条)
第2節 異動(第5条・第6条)
第3節 休職(第7条・第8条)
第4節 退職及び解雇(第9条-第14条)
第3章 給与(第15条)
第4章 服務規律(第16条)
第5章 勤務時間,休日及び休暇等
第1節 勤務時間等(第17条-第19条)
第2節 週休日,休日及び休暇等(第20条-第26条)
第3節 休業(第27条・第28条)
第6章 懲戒等(第29条-第32条)
第7章 出張及び旅費(第33条・第34条)
第8章 退職手当(第35条)
第9章 就業に関する特例(第36条)
第10章 雑則(第37条-第39条)
附則

(目的)
(定義)
(昇任)
(降任)
(配置換及び併任)
(クロスアポイントメント制度)
(休職の事由)
(休職の期間)
(退職)
(定年等)
(再雇用)
(解雇)
(解雇制限)
(解雇予告)
(給与)
(服務の心得)
(勤務時間及び休憩時間)
(専門業務型裁量労働制)
(時間外勤務及び休日勤務)
(週休日及び休日)
(週休日の振替)
(休日の代休日)
(有給休暇の種類)
(年次休暇)
(病気休暇)
(特別休暇)
(育児休業)
(介護休業)
(懲戒の事由)
(懲戒の種類)
(訓告等)
(損害賠償)
(出張)
(旅費)
(退職手当)
(短時間勤務の特例)
(実施に関し必要な事項)
(就業規則の準用)
第38条 就業規則第7条第2項,第9条第3項,第11条,第12条,第14条,第16条第2項,第21条,第22条(勤務時間が週30時間以下の者にあっては第3号を除く。),第23条から第25条まで,第27条から第29条の2まで,第30条第2項から第5項まで,第31条から第35条まで,第43条,第44条,第48条,第49条(第1項第2号を除く。),第54条,第57条及び第59条の規定を準用する。この場合において,これらの規定中「職員」とあるのは「無期転換特定雇用職員」と読み替えるほか,就業規則第9条中「第1項第1号から第3号まで」とあり,及び就業規則第12条中「第9条第1項第1号から第3号まで」とあるのは「第7条において準用する特定雇用職員就業規則第10条第1項第1号から第3号まで」と,就業規則第29条中「第26条第2項」とあるのは「第17条において準用する特定雇用職員就業規則第18条第2項」と,就業規則第31条中「前条第1項」とあるのは「第19条の規定において準用する特定雇用職員就業規則第19条」と,就業規則第43条中「前条第6号,第7号及び第11号」とあるのは「第26条において準用する特定雇用職員就業規則第26条第6号,第7号及び第11号」と,「前項」とあるのは「この条において準用する就業規則第43条第2項」と,「前条第6号及び第11号」とあるのは「第26条において準用する特定雇用職員就業規則第26条第6号及び第11号」と,「第11号」とあるのは「第26条において準用する特定雇用職員就業規則第26条第11号」と,「前条第7号」とあるのは「第26条において準用する特定雇用職員就業規則第26条第7号」と,「前2項」とあるのは「この条において準用する就業規則第43条第5項及び第6項」と,「第42条第9号から第11号まで及び第18号」とあるのは「第26条において準用する特定雇用職員就業規則第26条第9号から第11号まで及び第18号」と読み替えるものとする。
(この規則により難い場合の措置)
別表第1(第2条関係)
職名職務内容雇用経費
(無期転換特任教員)無期転換特任教授
無期転換特任准教授
無期転換特任講師
無期転換特任助教
特定の教育又は研究プロジェクト等において教育研究に従事(寄附講座,寄附研究部門,共同研究講座及び共同研究部門を含む。)において教育研究に従事(寄附講座及び寄附研究部門においては,当該教育研究に従事するほか,当該教育研究の遂行に支障のない範囲内でその他の授業又は研究指導を担当)奨学寄附金等の外部資金,病院収入等の自己収入金,科学研究費補助金等の競争的資金,機能強化経費,その他学長が特に認める経費
無期転換特任研究員特定の研究プロジェクト等において専ら研究に従事
(無期転換特任職員)無期転換特任専門員
無期転換特任専門職員
高度な専門的知識及び豊富な実務経験を必要とする業務に従事 
無期転換特別語学講師母語である言語を活用して語学教育,国際交流,語学指導及び本学が要請する業務に従事学長が特に認める経費