ニュース・イベント情報
Topics

緊急事態宣言解除後の課外活動について

令和3年9月30日

  サークル等課外活動団体
  参加学生  各位
  (顧問教員  各位)

国際未来教育基幹キャビネット      
学生支援センター長      
下 永 田 修 二   

緊急事態宣言解除後の課外活動について

 

 千葉県を含む首都圏に発令されていた緊急事態宣言が、9月30日をもって解除となります。
 緊急事態宣言解除後の課外活動実施における方針は、以下の内容となります。
 ワクチン接種で完全に感染が防げるわけではないため、飲食や活動についての遵守事項の徹底は引き続き行い、体調不良者が発生した際も従来通り報告をお願いします。
 また、今後、大会・イベント等への参加や施設の利用時に、ワクチン接種歴やPCR検査の結果が求められる可能性がありますので、各競技団体や使用施設の今後の方針や情報を随時確認するようにしてください。
 ※行政からの要請、学校医等との審議により課外活動の学外活動禁止や活動全面禁止の可能性がありますので、引き続き学生支援課からのメール、学生ポータルの掲示板を注視してください。

課外活動時遵守徹底事項(適用期間:令和3年10月1日~)


1. 前提

(1)5人以上での飲食を原則禁止とする。
 都道府県より感染防止対策に係る認証を受けた店舗を利用し、4名以下で食事をとること。また、団体構成員が誘い合って食事に行くことのないように心がける。換気の悪い場所(友人の自宅・下宿・寮の部屋)で過ごさない、飲み食いをしないなどを徹底すること。
(2)対面で行う課外活動への参加を強制しない。
 各家庭の状況や個人の事情を尊重するために、課外活動への参加は任意とする。
 感染症を理由に課外活動を欠席する団体構成員が、今後の活動にて不利益を被らないよう配慮をした上で、課外活動の実施を検討すること。特に下級生に対しては、上級生の活動状況等によって参加を強制と感じさせることのないよう、十分配慮をすること。
(3)風邪症状(ワクチン接種による副反応を除く)のあるもの、新型コロナウイルス感染症患者の接触者は活動への参加を禁止し、団体代表者へその旨を報告し、当該団体は学生支援課からの指示があるまで活動を停止する。
 ※①体調不良者は総合安全衛生管理機構、②団体代表者は学生支援課へ速やかに報告をした上で、医療機関を受診してください。
 ※同居者に新型コロナウイルス感染症患者もしくはその濃厚接触者がいる場合においても、活動への参加を禁止とする。
 ※ワクチン接種済の団体員が体調不良となった場合も、必ず同様の対応をすること。
(4)課外活動終了後は速やかに解散、帰宅する。
 相談・打ち合わせなどは、Microsoft Teams,Zoom,LINE等を使ってオンラインで行うこと。
(5)課外活動は許可制です。
 各団体で作成したガイドラインを団体構成員全員が再度確認してください。状況によっては、許可を取り消す場合があります。

2. 活動内容に関する遵守事項
(1)集団での活動時は、常時マスク(使い捨て不織布マスク推奨)を着用する。
 ※身体的距離が十分取れている状態(2m以上の間隔)や激しい運動を行う場合を除きますが、この場合でも準備と後片付け、ウォーミングアップやクールダウンの際は必ずマスクを着用してください。運動量に応じてマスクを脱着する習慣を身に付けるよう心がけてください(屋内施設の場合は、換気を十分に行うこと)。
(2)各競技団体、文化活動団体などが発行している感染症対策ガイドラインを熟読し、遵守して活動する。(ガイドラインは更新されることがあります。最新版を確認してください。)
 ・特に飛沫対策が必要な、発声を伴う活動、合唱、管楽器の演奏等では、2m以上の身体的距離を取り、向かい合わないなど、ガイドラインを遵守すること。
 ・身体的接触や共有物を使用した後は、手洗い・アルコール手指消毒剤による手指衛生など適切に行うこと。また、共有物は適宜、家庭用洗剤による拭き掃除や、アルコール消毒などを行うこと。
(3)屋内施設では、常時換気を実施する。
(4)活動の都度参加者健康管理表を記入し、既定の提出先へ提出する。
(5)活動終了後は各施設、使用物品の拭き掃除を行う。

3. 活動時間に関する遵守事項
(1)1日の活動時間(消毒作業を含む準備、実際の活動、後片付け)は、2時間程度を原則とする。
(2)宿泊・夜間(21時~翌6時)の活動を停止とする。

4.活動場所に関する遵守事項
課外活動の実施において、顧問教員が必要不可⽋と判断する場合に限り、学外での活動実施の申請を認める。極力団体員以外と接する活動は控えることとする。
 ※学外にて活動をする場合は、学外特別申請を提出し、その確認を受けた団体のみが実施可能です。
 ※練習試合等、学外者と活動を共にする活動を行う場合においては、全員の感染対策を確認し、活動日の前後1週間の健康観察期間を設けること。
 ※⾏政からの要請や学校医等の判断により、予約のキャンセルや予定していた活動の中⽌等を急遽お願いすることがあります。活動の予定は、感染症の状況等の情報を⼗分に調査・確認を⾏ ってから、顧問教員へ相談の上計画的に組むようお願いします。

5.大会・イベント参加に関する遵守事項
顧問教員が必要不可⽋と判断する場合に限り、申請を認め別途審査を行います。次の①〜③を学⽣⽀援課へデータにて提出すること。
 ① ⼤会主催者作成の⼤会実施要項・感染対策ガイドライン
 ② ⼤会参加⽤の感染防⽌対策(各団体で作成)
 ③ 会場までの経路等(利⽤する公共交通機関、参加者全員が確実に直行直帰する方法等を記載)
⼤会終了後に、参加報告書を作成・提出すること。
⼤会参加の2〜3週間前を⽬処に資料を⽤意いただき、提出をお願いします。
なお、⼤会参加直前の提出は事務処理上対応いたしかねますので、予めご承知おきください。
 ※⼤会への参加許可後に、地域や⼤学での感染状況により参加を⾒合わせる指⽰を出す場合もあります。辞退する場合の手続き等も含め、大会概要を十分に確認した上で参加申込を行うようにしてください。
 ※宿泊を伴う⼤会等への参加は事前に計画書を提出してください。また、新型コロナウイルスワクチンの接種率について団体で把握をお願いします。また、ワクチン接種が難しい場合などには、実施まえにPCR検査、抗原検査を実施することを推奨します。

6.発表会、演奏会の開催に関する遵守事項
顧問教員が必要不可⽋と判断し、利用予定の施設の規則に則った開催である場合に限り申請を認め別途審査を行います。次の①〜④を学⽣⽀援課へデータにて提出すること。なお、有観客である場合は、事前登録・追跡調査等の具体的な対策も併せて明示してください。
 ① 利用施設の感染対策ガイドライン
 ② 発表会、演奏会開催⽤の感染防⽌対策(各団体で作成)
 ③ 開催要項、当日のタイムスケジュール(各団体で作成)
 ④ 参加予定者(団体員以外が参加する場合はその詳細も記載すること)
 ※開催許可後に、地域や⼤学での感染状況により参加を⾒合わせる指⽰を出す場合もあります。

7.新入生の入部の受入れについて
(1)⾒学について【10/1(金)より実施可能】
 ・⾒学の際は、マスクの着⽤を必須とする。
 ・⾒学には、⾵邪症状のあるもの、新型コロナウイルス感染症患者及び濃厚接触者は参加できない。
 ・⾒学に来た学⽣の学生証を実際に確認し、①学⽣証番号及び②⽒名と③連絡のつく連絡先の3 点を必ず控えること。
(2)体験について
 ・体験については、新型コロナウイルス感染症患者及び濃厚接触者は参加できない。
(3)体験会、見学会、新歓について
 ・通常の練習に対する見学、体験のみを可とし、イベントとしての開催については引き続き見合わせること。また、通常の練習において見学、体験を行う際も、活動終了後は速やかに帰宅し、飲食等は行わないこと。
(4)入部について
 ・新規入部者の取り扱いについては、最新の団体員名簿データを学生支援課に提出することで、団体構成員としての活動を認めることとする。
 ※見学、体験についても参加者健康管理表へは必ず記入すること。

8.SNS等の利用について
SNS等の利用については、『千葉大学課外活動団体へのネットリテラシーガイドライン』に沿った運用をお願いします。
 ※メッセージを送る相手が本学関係者であると確認が取れない状況で、個人情報のやりとりをすることは非常に危険です。ダイレクトメッセージにて初対面の相手とやりとりする際には十分留意し、必要に応じて大学より付与されているアカウントを用い、Google Chatや、Teamsを利用してください。

9.ワクチンの接種について
集団で活動する課外活動団体の構成員には、新型コロナウイルスワクチン接種を強く推奨します。やむをえず、ワクチンを接種できない場合、今後、集団での活動前の検査(有料)が推奨される可能性があります。
 参考情報サイト:COV-NAVI(こびナビ) URL: https://covnavi.jp/

10.その他
(1)課外活動団体での合宿、親睦旅行等の実施を禁止する。
(2)課外活動団体の構成員で行う学内外での宴会、打ち上げ、コンパ、カラオケ及び新歓行事等、飲食を伴う会合の実施を禁止する。
 ※合宿、親睦旅行等の実施が許可される時期は未定です。合宿や親睦旅行、会合、このほか活動に関するキャンセル料については、各団体にて対応いただきます。

 遵守徹底事項を守らずに感染拡大を引き起こしかねない活動や行動が確認できた場合、当該サークル等課外活動団体の活動を無期限停止もしくはそれ以上の措置を命じる可能性があります。
 また、複数団体で遵守徹底事項が守られない場合、全団体の活動を停止せざるを得ません。
 感染症対策を引き続き徹底し、対面授業や実験・実習、課外活動に支障の出ないよう、要請に応えてくれることを信じています。

(団体代表者へのお願い)
 課外活動を実施する団体の代表者は、本通知の内容に加え、各自が作成した感染防止対策の内容を再度確認するよう、全団体構成員に対し指導をお願いします。
 また、対面活動を実施する際は、定期的に団体構成員に対し活動参加の意志の確認をしてください。下級生、活動を欠席する学生への配慮をお願いします。

(顧問教員へのお願い)
 団体構成員に新型コロナウイルス感染症の感染が確認された場合、団体代表者等とともに生活の支援やメンタルケア、行動追跡調査支援等を依頼する事がありますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

【内閣官房 HP】
 https://corona.go.jp/emergency/
 ※緊急事態宣言の内容を確認できます。

【千葉大学24時間健康・メンタルヘルス相談サービス】
 https://www.chiba-u.ac.jp/hotline/hotline.html
 ※医療相談、医療機関紹介サービス等を行っています。

【千葉大学総合安全衛生管理機構HP】
 http://hschome-gw.hsc.chiba-u.jp/
 ※少しでも体調が優れない場合は、HPを参照し報告をお願いします。

【千葉大学総合安全衛生管理機構Twitter】
 https://twitter.com/hscchiba
 ※日々の感染防止対策、注意点等を紹介しています。