ニュース・イベント情報
Topics

課外活動における緊急事態宣言発令中の新型コロナウイルス感染症拡大防止策の更なる徹底について

令和3年8月17日

  サークル等課外活動団体
  代表及び顧問教員  各位

国際未来教育基幹キャビネット      
学生支援センター長      
下 永 田 修 二   

課外活動における緊急事態宣言発令中の
新型コロナウイルス感染症拡大防止策の更なる徹底について

 

 現在、千葉県に新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言が発令されていますが、感染者数が全国的に急増しており、医療の逼迫状況は極めて深刻です。大学全体としても、この緊急事態宣言中の人と人の接触を極力抑えることとし、移動を伴う演習・実習等(日帰り・宿泊を問わない)は、可能な限り、緊急事態宣言の発令中は実施せず、延期することとなりました。
 課外活動においても、新型コロナウイルスばかりでなく、熱中症、怪我、交通事故など医療にかかるリスクを可能な限り縮小するために、皆さんの協力が必要となります。そのため、課外活動における新型コロナウイルス感染症への対応については、令和3年7月30日付で発出した「緊急事態宣言に伴う課外活動について」に加え、下記のとおりとします。
 団体のメンバー全員に必ず周知し、遵守の徹底をお願いいたします。
 また、県内の感染拡大状況の実情について、行政の発表内容等を確認した上で、適切な行動をとるようにしてください。(【参考】令和3年8月12日千葉県知事メッセージ

1)課外活動は、令和3年8月18日より緊急事態宣言の発令中は、集団での活動を基本的に停止する。
2)活動を行わない期間においても、オンラインで連絡を取り合い、団体員の健康観察を継続し、体調不良者等が発生した際は速やかに総合安全衛生管理機構、学生支援課へ連絡をすること。