ニュース・イベント情報
Topics

金子 克美教授(理学研究科) Charles E. Pettinos賞を受賞

掲載日:2007/06/08

千葉大学の金子克美教授(理学研究科)が,米国・カーボン学会のチャールス・E・ぺティーノス賞を受賞されることになりました。

金子教授は,まだナノテクという言葉が使われていない18年も前から,「ナノスペース」に着目し,ナノスペース中の分子の_生態″およびナノスペースのデザインと_形態″を明らかにする研究を展開して,今日世界的に大きな関心を集めるようになった「ナノスペースの分子」研究を先導してきました。

今回の賞は,9年に一度,カーボンに関する科学技術分野で最近の優れた研究成果を挙げた研究者に対して授与されるもので,金子教授の研究が国際的に評価された結果と言えます。

受賞式は,7月19日に,米国ワシントン州のシアトルで開催される「カーボンに関する国際会議Carbon2007」において行われる予定です。

【受賞対象研究】

"Structural Adsorption Studies on Water Molecules and Ions in Carbon Nanopores"

受賞内容の詳細(英文)