ニュース・イベント情報
Topics

プレスリリース 環境コミュニケーション大賞環境報告書部門で「優秀賞」を受賞 -千葉大学環境報告書2007-

掲載日:2008/03/07

千葉大学が昨年7月に発行した「千葉大学環境報告書2007」が、『第11回 環境コミュニケーション大賞』(主催:環境省・財団法人 地球・人間環境フォーラム)の「環境報告書部門」において「優秀賞(環境配慮促進法特定事業者賞)」を受賞し、表彰式が3月6日に東京大手町の日経ホールで行われました。

この賞は、環境配慮促進法の特定事業者の作成した、優れた環境報告書を表彰するもので、「千葉大学環境報告書2007」の発行にあたり、環境マネジメントシステムの実務教育を通じて環境ISO学生委員会の学生が原案を作成し、デザイン科学専攻の学生がデザインし、また、信頼性を確保するために環境ISO審査登録機関による第三者レビューを記載したことなどを特長として評価されました。審査における講評は次の通りです。

第11回環境コミュニケーション大賞 受賞作品講評(粋)  『 学長メッセージに豊富な実績紹介、今後の具体的な予定が記載されており、トップが環境への取組みにコミットしていることがうかがわれる。  マネジメントシステムや目標管理、マテリアルフローなどよくまとめられている。  全体的な管理から個々の取組の説明へと流れているため、記載の分量は多いが理解しやすい構成となっている。  網羅性も高く、経年変化もわかりやすい。学生主体の環境マネジメントや、構内事業者との協力など、独自の取組みが目を引く。 』

千葉大学は、今後とも、トップのコミットメントのもとで、学生が主体的に参画しつつ環境報告書を作成することを通じて、誠実な環境情報の開示を実現して行きます。

なお、環境コミュニケーション大賞の受賞区分やそれぞれの受賞者については、環境省および財団法人地球・人間環境フォーラムをご参照下さい

プレスリリースはこちら

環境省 報道発表
財団法人 地球・人間環境フォーラム