ニュース・イベント情報
Topics

日本の伝統美を活かした千葉大オリジナルアカデミックガウン 平成19年度 千葉大学大学院修了式・学位記授与式でお目見え

掲載日:2008/03/18

プレスリリースはこちら (46KB)

千葉大学が取り組んでいる様々な環境保全活動が『第6回日本環境経営大賞』(主催: 日本環境経営大賞表彰委員会・三重県)の「環境経営部門」において「環境経営優秀賞」を受賞しました。

大学における一大イベントである卒業式・学位記授与式等の式典では、各大学が様々に工夫を凝らし、旅立つ学生の良き思い出となる特色ある式典を演出し、同窓意識の高揚と定着化が図られています。

諸外国では、古くは中世から大学のカラーを打ち出したアカデミックガウンを着用し、個性ある式典を行っていますが、我が国においてもいくつかの私立大学がアカデミックガウンを採用してきました。国立大学ではこれまで特段の工夫がなされていませんでしたが、法人化以降、アカデミックガウンを着用した式典が行われる例も出てきました。

このたび、千葉大学は、大学院修了式・学位記授与式をより一層厳粛で格式あるものとして演出し、修了生にとって記憶に残る、特色ある授与式とすることを目的として、本学が独自に開発・制作したアカデミックガウンを着用することといたしました。

このアカデミックガウンは、本学副学長宮崎 清理事(デザインを専攻)が基本的に発案したデザインに基づいて、国際的デザイナー「今井千恵」氏が最終的なデザインをまとめて下さいました。

0

0

【本件問い合わせ先】

学生部 教務課