ニュース・イベント情報
Topics

プレスリリース 日本環境経営大賞環境経営部門で「環境経営優秀賞」を受賞

掲載日:2008/03/28

プレスリリースはこちら (21KB)

千葉大学が取り組んでいる様々な環境保全活動が『第6回日本環境経営大賞』(主催: 日本環境経営大賞表彰委員会・三重県)の「環境経営部門」において「環境経営優秀賞」を受賞しました。

この賞は環境経営の先駆的な取り組みや優れた成果を表彰し、「環境文化の創造」を促すもので、環境経営と持続可能性、経営トップのコミットメントと環境経営戦略、環境経営方針に基づく実践体制、組織の事業活動に関わる環境負荷削減の取組と成果、が評価基準とされています。

評価の対象となった具体的な取り組みとしては、総合大学としての国立大学法人としては全国で初めて主要なキャンパス全てでISO14001を取得し、学生が環境マネジメントシステムを主体的に構築・運用していること、大学生協との連携によるレジ袋有料化・学内資源の堆肥化・エコバックの企画販売など学内外に渡る多様な環境関連活動を展開していること、法により義務化される以前の2004年から環境ISO学生委員会が原案を作成した環境報告書を発行していること、「光熱水料節減プロジェクト」を実施し2ヵ年で約1億円を節減したことなどです。

千葉大学は、今後とも、トップのコミットメントのもとで学生が主体的に参画する環境保全活動を推進して行きます。

なお、日本環境経営大賞の受賞区分やそれぞれの受賞者については、三重県および同賞のホームページをご参照下さい。

【本件問い合わせ先】

施設環境部 施設管理課