ニュース・イベント情報
Topics

チュラロンコーン大学薬学部長(タイ)が表敬訪問(7/26)

掲載日:2010/07/29

 7月26日(月),タイのチュラロンコーン大学薬学部長のPintip Pongpech教授一行が齋藤学長を表敬訪問しました。

 今回,一行は大学間交流協定の更新署名,薬学研究院との部局間学生交流協定の締結,および今後の教育研究交流協定等について協議を行うために,千葉大学を訪問されました。両大学間交流は1990年に締結した薬学研究院との部局間学術交流協定に始まり,その後,2000年には大学間交流協定を締結し,約20年間毎年活発な教育研究交流が続いてきました。この間の相互の教職員・学生の派遣・受入れ実績は約300名にも及んでいます。

 チュラロンコーン大学は,1917年に設置されたタイで最も古い歴史を持つ大学で,タマサート大学などと並びタイで最高ランクに位置づけられています。キャンパスは,バンコク市街に位置し,約30,000人の学生が18の学部と大学院で学んでいます。

 表敬には,チュラロンコーン大学から管理担当副学部長 Linna Tongyonk 博士,研究担当副学部長 Parkpoom Tengamnuay 博士が,本学からは,山本理事らが同席し,ダブルディグリーや千葉大学短期留学プログラム(J-PAC)についての意見交換が行われました。その後,大学間交流協定更新の署名式が終始和やかな雰囲気の中,執り行われました。

 今回の協定締結により,今後の両大学間の更なる交流が期待されます。

前列右から2番目 : Pintip Pongpech薬学部長
前列左より:LinnaTongyonk博士,齋藤学長,Pintip Pongpech薬学部長,Parkpoom Tengamnuay博士

【本件問い合わせ先】
学術国際部 国際企画課