ニュース・イベント情報
Topics

アリカンテ大学(スペイン)の学長等が表敬訪問

掲載日:2011/12/05

 去る11月15日、スペイン・アリカンテ大学のイグナシオ ヒメネス ラネダ学長とアナ マルティネス オセス アジア研究センター長が齋藤千葉大学長を表敬訪問した。一行は,千葉大学との今後の教育研究交流についての協議を行うために来訪したもの。

 アリカンテ大学は、スペイン南東部の地中海に面したリゾート地としても有名なバレンシア州アリカンテ市の郊外に位置し、設立は1979年であり,そのキャンパスは近代的かつ革新的で,スペインで最も近代的な大学の一つとして知られている。学生数は約30,000人,教職員数は約2,500人で,文学部,社会・法学部,理学部,健康科学部,工学部を有する総合大学である。アリカンテ大学では,外国人向けのスペイン語のサマースクールを開講しており,日本の大学からも多くの学生が参加している。

 表敬には、千葉大学から瀧澤教育学部長,佐藤教育学部教授,山口文学部准教授,五味田国際企画課長が同席し,終始和やかな雰囲気の中で今後の交流について意見交換が行われ、大学間交流協定締結へ向けて,教育研究交流を積極的に行うことを合意した。


イグナシオ ヒメネス ラネダ学長(前列左から2番目)
アナ マルティネス オセス アジア研究センター長(前列左端)
齋藤学長(前列左から3番目),瀧澤教育学部長(前列右端)