ニュース・イベント情報
Topics

セイナヨキ応用科学大学国際交流センターの開所について

掲載日:2012/03/26

 千葉大学では,3月5日,学内において,セイナヨキ応用科学大学(フィンランド)「国際交流センター」(International Exchange Center : IEC)の開所式を挙行した。

  千葉大学とセイナヨキ応用科学大学は,平成12年9月に大学間交流協定を締結して以来活発な教育研究の交流を行ってきたが,両大学に交流のための拠点機能を整備するため,双方のキャンパス内に国際交流センターのオフィス(通称:IECオフィス)を設置することについて合意し,平成22年9月にはセイナヨキ応用科学大学内に千葉大学IECオフィスを設置している。

 開所式はオープニングの琴の演奏に始まり,齋藤康千葉大学長,タピオ・バルモラ セイナヨキ応用科学大学長,ヨルマ・ラシンマキ セイナヨキ市長,高瀬愛 フィンランドセンター代表からそれぞれ挨拶の後,両大学のIECオフィス関係者から今後のさらなる交流への期待を込めたスピーチが行われた。

 このたび,両大学に相互のIECオフィスが設置されたことを契機として,これまでも活発に学術交流が進められてきた看護,法律,経済及びデザイン科学領域を中心に,共同研究プロジェクトの推進,オフィスを利用した留学生のリクルート,留学生の渡日前教育の実施等により,両大学の教育・研究交流がさらに促進されることが期待されている。


千葉大学におけるセイナヨキ応用科学大学国際交流センター開所式にて
前列右から4番目:タピオ・バルモラ/セイナヨキ応用科学大学長
前列右から5番目:齋藤康千葉大学長