ニュース・イベント情報
Topics

卒業生の皆さんへ

掲載日:2014/09/26

 皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんのご卒業を心からお祝い申し上げます。また、卒業生のご家族の皆様、本日は誠におめでとうございます。

 卒業生の皆さん、千葉大学で将来の夢を見つけることが出来ましたか。学生生活は充実したものにすることが出来たでしょうか。きっとたくさんの友人や楽しい思い出を作られたことと思います。大学時代の友人や思い出は、皆さんの生涯の大切な宝となることでしょう。

 皆さんは、千葉大学において様々な努力をされ、専門性を磨かれるとともに精神的にも大きく成長されたことと思います。ご自身では、その成長に気づかれていないことも多いと思いますが、これから社会に出られると、いろいろな機会に、ご自身の成長に気が付かれることと思います。今後も、千葉大学で学び培ったことを思い出して、更なる成長を目指してください。

 皆さんには、これから色々な方面で活躍が期待されているわけですが、皆さんが活躍しようとする社会は大変に厳しい状況にあるといっていいと思います。特に日本の社会は、これまでに人類が経験したことのない少子高齢化に突入します。この厳しい状況の中にあっても、千葉大学で学び培ったことを最大限に活用して、皆さんの夢を実現してほしいと願っています。

 そこで、夢の実現に向けて希望に燃えている皆さんへ、先輩の一人として、はなむけの言葉を贈ります。それは、「謙虚」と「思いやり」です。皆さんの夢の実現には、仲間の助けが大きな力になるでしょう。そのような仲間との繋がりを大切にするという思いから、絶えず「謙虚」であってほしいと思います。謙虚さの次にくるのが、思いやりの心です。どのような相手にも謙虚で思いやりの心をもって接し、常に相手の方から教えを受けるという姿勢であってほしいと願っています。その謙虚さと思いやりの心が、相手の信頼を勝ち得ることにつながり、夢の実現に近づくことができると確信しています。

 皆さんとともに学んだ教職員も、皆さんの活躍を大いに期待しています。そして、千葉大学はこれからも、皆さんを応援し続けますし、皆さんには是非、千葉大学の同窓生として、本学を支援していただきますようお願いします。

 最後に、卒業生の皆さんが、千葉大学で学んだことに自信と誇りを持って、大きく飛躍し、多方面で活躍されることを心より祈念し、私の挨拶といたします。本日は、ご卒業おめでとうございます。

平成26年9月26日
千葉大学長 徳久 剛史