ニュース・イベント情報
Topics

平成26年度防災訓練を実施しました

掲載日:2014/11/14

 本学では、大規模地震が発生したとの想定で、学生・教職員の避難訓練を中心とした防災訓練を平成26年11月13日(木)に実施しました。 訓練には、学生・教職員約1,500人(学生875名、職員621名)が参加し、地震が発生した際の初動対応(災害対策本部の設置、各部局との連絡体制の構築)や、学生・教職員の避難及び安否確認などを中心に行いました。

 また、防災訓練とあわせて、千葉市稲毛消防署と工学部の合同による秋季消防演習が、本学西千葉キャンパスの工学部研究棟において大規模に実施されました。工学部自衛消防隊による避難誘導・初期消火訓練や、ヘリコプターによる救助訓練、はしご車や特殊災害対応車を用いた消火訓練、学生が参加した消火器使用訓練が行われました。 訓練終了後には、千葉市稲毛消防署長による講評が行われ、訓練内容についての評価に加え、消火訓練等を計画的に実施することが重要であることや、これから本格的な火災発生時期になるため火の取扱いに注意することなどについて訓示がありました。

ケガ人役の学生を担架で搬送

災害対策本部での連絡訓練

ヘリコプターによる救助訓練

はしご車による消火訓練

講評では中谷晴昭理事(危機管理担当)から消防隊員に謝辞