ニュース・イベント情報
Topics

第5回日露学長会議が東京で開催

掲載日:2015/03/09

 2015年3月3日(火)日露大学間の教育・研究交流の更なる推進と、パートナーシップの強化を図ることを目的に、千葉大学が開催校となり、第5回日露学長会議が東京国際交流館プラザ平成において開催されました。日本から26大学、ロシアから11大学が本会議に参加しました。

 本会議は、2009年からの計4回の開催(第1回2009年5月12日(東京)、第2回2010年9月11日(モスクワ)、第3回2012年3月19日(仙台)、第4回2013年10月10日(モスクワ))に引き続き開催されました。

 会議では、まず、里見進東北大学総長、サドーヴニチー・モスクワ大学学長による幹事校挨拶、吉田大輔文部科学省高等教育局長、アファナシエフ駐日ロシア連邦特命全権大使ら来賓による挨拶が行われました。続いて、「大学と社会―社会における大学の役割―」(環境、食糧)というテーマで、日露の大学が共通して直面する課題やそれらの解決策等について、両国大学が有する知識・経験等に基づいて基調講演、プレゼンテーションが行われました。全体討議ののち、参加大学の合意によりコミュニケが採択され、日露代表(日本側:東北大学 里見総長、千葉大学 徳久学長、ロシア側:モスクワ大学 サドーヴニチー学長)間で署名が取り交わされました。また、本会議において、本学とモスクワ大学間で学生交流協定が締結されました。

第5回日露学長会議参加者

本学・モスクワ大学間の学生交流協定締結
(左から千葉大学 徳久学長、モスクワ大学 サドーヴニチー学長)