ニュース・イベント情報
Topics

3年連続国立大学では千葉大学が第1位 平成25年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査

掲載日:2015/03/11


平成27年3月11日
千葉大学

3年連続で海外留学学生数国立大学第1位を獲得!
平成25年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果(日本学生支援機構)公表

独立行政法人日本学生支援機構は、2月27日(金)に「平成25年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果」を公表しました。

本調査は、日本国内の大学等と諸外国の大学等との学生交流に関する協定等に基づき、教育又は研究等を目的として、平成25年度中に海外の大学等(海外に所在する日本の大学等の分校は除く。)で留学を開始した日本人学生及び該当協定等について、調査したものです。

本調査では、協定等に基づく日本人学生派遣数の多い大学も公表されており、千葉大学は539人で、3年連続で最も多く学生を海外派遣した国立大学となっています。(全体では11位)

千葉大学では、平成24年度に文部科学省のグローバル人材育成推進事業(全学型)に採択され、「SKIPWISEプログラム」により積極的に学生の海外留学を支援してきています。特に昨年から始まった短期留学BOOT※(Begin One's Overseas Trial)により、アジアのトップクラスの4大学(マヒドン大学、ソウル国立大学、インドネシア大学、國立台湾大学)に80名以上の学生を派遣するなど、学部の枠を超えた規模で魅力的なプログラムを実施しています。

昨年はスーパーグローバル大学にも選定され、我が国の経済社会のグローバル化を牽引する大学として、本学の今後の取り組みに注目が集まっています。

平成25年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果(日本学生支援機構ホームページ)
http://www.jasso.go.jp/statistics/intl_student/documents/short_term13.pdf

千葉大学 skipwise プログラム
http://skipwise-chiba-u.jp/

千葉大学 国際教育センター
http://www.international.chiba-u.ac.jp/

短期留学BOOT(Begin One's Overseas Trial)とは

「海外留学したいけど英語がうまく話せない、海外に行ったことがなくて不安。」といった海外ビキナーの学生のために、千葉大学と協定大学でもあるアジアのトップクラスの4大学(マヒドン大学、ソウル国立大学、インドネシア大学、國立台湾大学)が協力してプロデュースした2週間の短期留学プログラムで、プログラムでは、コミュニケーション英語をはじめ、現地語、現地文化の学習・体験、フィールドトリップと盛りだくさんの内容で、学生のグローバルデビューを支援しています。

お問い合わせ先

〔派遣学生数に関すること〕学務部留学生課 043-290-2163
〔短期留学BOOTに関すること〕学務部教育企画課 043-290-3782