ニュース・イベント情報
Topics

平成28年(2016年)年頭の挨拶

掲載日:2016/01/04

年頭の挨拶

  新年あけましておめでとうございます。皆様も、良いお年をお迎えのことと存じます。平成28年の新年にあたり、ご挨拶をさせていただきます。

  いよいよ第3期中期目標期間が始まります。この第3期中期目標期間は、昨年6月に文部科学省から出された「国立大学経営力戦略」にも示されているように、経営力をどのようにして付けていくかということが問われてくるようです。その意味から法人化した千葉大学にとって、真に法人化の意味が問われる年が始まると言えましょう。

  しかし、この経営力は、企業で用いられる経営力とは大きく異なります。企業では、当然のこととして利潤の追求のために経営力を強化します。法人化された国立大学の経営力強化は、あくまでも人材育成と学問の発展・継承のために経営力を強化するものだと思います。

  これまでの3年間で千葉大学は、ミッションの再定義を踏まえた機能強化の促進、人事・給与システムの弾力化による年俸制やクロスアポイント制の導入や、学教法・法人法の改正に伴うガバナンス体制の強化などを行ってきました。すなわち、この第3期中期目標期間に向けて、千葉大学の基盤となる運営体制を作り上げてきました。この運営体制に沿って、経営力を強化していくことになるでしょう。

  そして、第3期中期目標期間において経営力を左右する最大のものは、運営費交付金の配分方法の見直しと称して行われた国立大学の3類型分けです。千葉大学は、全部局で世界最高水準の教育研究をおこなう第三群の大学を選択し、経営力強化に向けた改革を行っていくことになります。

  千葉大学には、100年以上の歴史と伝統を持つ部局が多くあります。このような部局における改革は、歴史の中で培われてきた人材育成機能をさらに発展させるものが望ましいと考えております。同時に、本年4月から新しい国際教養学部が開講します。このように新旧の部局からなる総合大学における改革は、多様性をもって進めることが肝要であると考えております。

  この激動期をチャンスととらえて、高等教育の原点を見失うことなく、人材育成と学問の発展・継承に向けた王道を突き進もうと考えています。

  みなさまと一緒に頑張っていきたいと念じていますので、さらなるご支援とご鞭撻をお願い申し上げて、新年のご挨拶とさせていただきます。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成28年1月4日
千葉大学長 徳久剛史