ニュース・イベント情報
Topics

駐日パナマ共和国大使館特命全権大使が千葉大学を訪問しました

掲載日:2016/01/21

 平成28年1月8日(金)、リッテル・ディアス駐日パナマ共和国大使館特命全権大使が本学を訪問しました。本学の徳久学長らとパナマの大学との学生交流や研究者交流について意見交換を行い、交流の拡大に向けて同大使館と本学の連携を一層強化していくことが合意されました。

 また、当日はパナマ大学及びパナマ工科大学の研究者も出席し、大使同席の下、両大学との大学間交流協定の署名式を行いました。これまで両大学とは、同大使館の協力の下、園芸学研究科や環境健康フィールド科学センターを中心として植物工場拠点における交流が行われてきました。本学は、昨年9月に文部科学省の『大学の世界展開力強化事業~中南米等との大学間交流形成支援~』に採択され、両大学と連携した学生交流プログラムを展開しており、今後更なる交流の拡大が期待されます。

(前列右から)ウンベルト・ロドリゲス准教授(パナマ工科大学)、徳久学長、ディアス大使、ロドリゴ・エルネスト・カンブラ教授(パナマ大学)、
(後列右から)山口客員教授、高垣副学長、ダビッド・デ・レオン経済参事官、渡邉理事、田保橋学術国際部国際企画課長