ニュース・イベント情報
Topics

過去30年間のメタンの大気中濃度と放出量の変化:化石燃料採掘と畜産業による人間活動が増加の原因に

掲載日:2021/01/29

 国立環境研究所と海洋研究開発機構、千葉大学などで構成される国際研究グループは、過去30年間にわたるメタン(CH4)の大気中濃度の増加率についての定量的な解析研究を行いました。その結果、これまでは未解明だった大気中CH4濃度の増加率の鈍化(1988-1998年)および一時的な停滞(1999-2006年)の要因について、石油や石炭の採掘による放出量の減少や自然の気候イベントによる放出量の変動によって生じたことなどが分かりました。
 本研究の成果は2020年12月4日に気象集誌(Journal of the Meteorological Society of Japan)よりオンライン出版されました。

メタン濃度の変動、増加率グラフ1988年から2016年の南半球における観測とモデル計算によるメタン濃度の変動(上)およびその増加率(下)

プレスリリース本文はこちら