ニュース・イベント情報
Topics

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における重症化予測マーカーの探索に関する臨床研究を実施します

掲載日:2020/08/28

 千葉大学大学院医学研究院(中山 俊憲 医学研究院長)と千葉大学医学部附属病院(横手 幸太郎 病院長)は、新型コロナウイルス感染症の患者さんを対象とした臨床研究を、千葉県内の感染症指定病院を中心とする主要な病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院との連携により開始しました。
 本臨床研究の目的は、患者さんから採取した血液を調べることにより、新型コロナウイルス感染症の重症化を予測するシステムを開発することです。重症化予測の新たなマーカー(指標)が明らかになれば、患者さんは今までより早期に適切な医療を受けられることが可能になり、重症化の予防が期待されます。さらに、重症患者数の減少により、医療側の負担を軽減し、医療崩壊を防ぐことも期待されます。

本臨床研究の概要

記者発表(ダイジェスト)

プレスリリース本文はこちら