ニュース・イベント情報
Topics

数理・データサイエンス教育の取組が文部科学省の認定教育プログラムプラスに選定

掲載日:2021/08/10

 千葉大学の数理・データサイエンス教育の取組が、文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」において、「数理・データサイエンス・AI教育プログラム リテラシーレベルプラス(MDASH-Literacy+)」に選定されました。(令和3年8月4日付)

action.jpg(認定期限:令和8年3月31日)

 「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」は、政府の「AI戦略2019」に基づき、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行うプログラムを文部科学大臣が認定及び選定して奨励することにより、数理・データサイエンス・AIに関する基礎的な能力の向上を図る機会の拡大に資することを目的とする制度です。
 本学では、令和2年度より千葉大学グローバル人材育成ENGINEの一環として数理・データサイエンス教育を必修化しています。この度、普遍教育科目として開講している学術発展科目群「数理・データサイエンス科目」が、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、かつ、数理・データサイエンス・AIを適切に理解し、それを活用する基礎的な能力を育成する教育プログラムとして、同制度の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム リテラシーレベル(MDASH-Literacy)」に認定されました。

 更に、今回「数理・データサイエンス・AI教育プログラム リテラシーレベル(MDASH-Literacy)」に認定された大学等の教育プログラム78件のうち、11件(うち国立大学6件)が先導的で独自の工夫・特色を有する教育プログラムとして「数理・データサイエンス・AI教育プログラム リテラシーレベルプラス(MDASH-Literacy+)」に選定され、本学もそのうちの1件として選定されました。

 今後も、数理・データサイエンス・AIに係る知識を活用しつつ、社会問題の解決と、新しい価値の創造を可能にするイノベーション人材を育成することを目指し、本学の取組をより一層推進してまいります。

 本学の数理・データサイエンス教育の取組については、特色ある教育:数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)をご参照ください。
 また、認定・選定結果については、文部科学省『令和3年度「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」の認定・選定結果について』をご参照ください。