ニュース・イベント情報
Topics

  • Home
  • ニュース・イベント情報
  • 2021年度
  • 妊婦および臍帯の血中マンガン濃度と生まれた子どもの神経発達との関連について:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)

妊婦および臍帯の血中マンガン濃度と生まれた子どもの神経発達との関連について:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)

掲載日:2022/03/25

 エコチル調査千葉ユニットセンター・千葉大学予防医学センター 山本緑助教らの研究チームは、国立研究開発法人国立環境研究所と共同で、エコチル調査の約63,800組の親子の血液と質問票による調査データを用いて、妊婦の血中マンガン濃度および臍帯血中マンガン濃度と生まれた子どもの3歳までの神経発達との関連について解析を行いました。その結果、血中マンガン濃度が高いことと、粗大運動(腕や足など大きな筋肉をつかう動き)の神経発達スコアがわずかに低くなることとの関連が示されました。
 この結果から、妊娠中の血中マンガン濃度が高くなる環境では、子どもの神経発達がやや遅れる可能性が示されました。今後さらに3歳以降の発達や子どもの血中マンガン濃度などについて、調査を続けていくことが必要です。
 本研究の成果は、令和4年2月3日付でElsevierから刊行される環境保健分野の学術誌"Environment International"に掲載されました。

粗大運動領域(腕や足など大きな筋肉を使う動き)では、神経発達がやや低下する傾向粗大運動領域(腕や足など大きな筋肉を使う動き)では、神経発達がやや低下する傾向。

プレスリリース本文はこちら