ニュース・イベント情報
Topics

サイバー防犯に貢献 千葉県警察本部より感謝状授与

掲載日:2019/02/01

 本学はこのほど、千葉県警をはじめとした産官学機関と締結しているサイバーセキュリティパートナーシップ協定に基づいた、幅広いサイバー空間の脅威の低減に向けた効果的な諸活動が評価され、1月8日、千葉県警より感謝状が授与されました。

 本学では、セキュリティ対策の共有、サイバー犯罪に関する捜査への協力のほか、警察庁が国際協力機構(JICA)と共同で企画している研修への講師派遣、中小企業向けのサイバーセキュリティに関する広報誌への寄稿など、大学が保有するテクノロジーや知見を生かして様々な協力を行っています。

 また、千葉県警が主催する、「サイバーセキュリティ産学官合同インターンシップ」や、インターネット上のサイバーパトロール「サイバーウォッチャー」、警察官のサイバー犯罪対処能力の向上などを目的としたCTF(キャプチャー・ザ・フラッグ)大会など、サイバー空間の脅威の低減に向けた活動に対し、積極的に本学学生を参加させるなどの支援も行ってきました。

 本学を代表し、千葉県警より感謝状を授与された石井徹哉副学長は、「来年開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が近づき、セキュリティ対策の重要性がより一層高まる中で、今後も県警に協力する形でサイバー空間の脅威を減らしていきたい。」と話しています。

延沢千葉県警生活安全部長から感謝状を受取る石井千葉大副学長(右)
写真左から、延沢千葉県警生活安全部長、石井千葉大副学長、徳久千葉大学長