ニュース・イベント情報
Topics

膜タンパク質の耐熱化変異体を合理的に設計 -立体構造に基づく創薬を促進する-

掲載日:2020/11/05

 理化学研究所(理研)放射光科学研究センター理研RSC-リガク連携センターの国島直樹客員研究員、千葉大学大学院理学研究院の村田武士教授らの共同研究グループは、「膜タンパク質」分子の立体構造に基づく「耐熱化変異体」を計算により合理的に設計する新技術を開発しました。
 本研究成果は、膜タンパク質の立体構造を決定するために必要な結晶試料の生産効率を向上させ、創薬応用を含む構造生物学の発展に貢献すると期待できます。
 本研究は、科学雑誌『Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics』のオンライン版(10月16日付)に掲載されました。 入口.png

耐熱化実験に用いたモデル膜タンパク質の好熱性ロドプシン(TR)

プレスリリース本文はこちら